<< 911GT3 RSと919ハイブリッド | main | 童夢の奇跡 >>
2015.07.16 Thursday

「童夢の終わりと始まり」

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記

こんにちは。
昨日は午後から京都へ。
京都東急ホテルで開催された、
林みのるさんの引退、新体制発足発表 などを盛り込んだ記念式典
「童夢の終わりと始まり」にお邪魔してきました。

実はこの会場で配られた童夢40周年記念誌「童夢の奇跡」の製作に
今年に入ってからずっと携わらせていただいたりと
今回のプロジェクトの末端に関わらせていただいただけに、
とても感慨深い1日となりました。



会場となった京都東急ホテルのエントランスに飾られていたのは
この日のために復刻された、林さんの処女作たる
ホンダS600”カラス”と”マクランサ”。

その製作過程も随所随所で拝見してきましたが(最後にカラスに刷毛で黒板塗料を
塗るセレモニーにル・マンに行ってて参加できなかったのが心残り!)
この2台に秘められた林さんの想いを見聞きできたのは、得難い経験でしたね。



さらにホテル入り口には、童夢の処女作である、童夢-零の展示。
1975年の設立以後、一貫してスポーツカーとレーシングカーを生み出してきた
童夢の象徴とも言える存在であります。



16時から始まったパーティーでは、映像で林さんの半生
(これがまた貴重な写真やフィルム満載だった)を振り返ったほか
林さんによる日本レース界への”遺言”も披露。

その紹介フィルムの最後に流れた
「これ以下では満足できなかっただろうし、これ以上は無理だった」
という一言は、林さんの生き様を象徴していて、なんかとても重く心に響きました。



パーティーの中では、先日亡くなられた
松本恵二さんへのレクイエムをはじめ、これまで童夢に貢献してきた人々
(林さん流にいえば、”童夢を支えたり、傾けたりした人々”)に
林さんから感謝の意を込めた時計の贈呈式も。

ハヤシレーシングの林将一さん、RSC & 無限の木村昌夫さん、ダンロップの故 京極正明さん(写真は奥様)
TOM'Sの館信秀さん、そして金古真彦さん、そして盟友の鮒子田寛さん
などなど……皆さんとの思い出は記念誌「童夢の奇跡」の中でも、熱く語られています。




また、今回のマクランサ&カラス復刻プロジェクトに関わった皆さんも壇上に。
「昔は6万円の予算で一人で作ったのに、いざ復刻しようとしたら
レーザー3次元測定だなんだと、途方もない手間と時間とお金と人手が掛かった。
おかげで現代のレーシングカーがなんで高価なのかを知る、いいきっかけになった」
とは、林さんの弁。

ちなみにパーティー前にマクランサのコクピットに潜り込んだ(!)キョー山中と
林さんの間でなにやら密談がかわされた模様。この2台を拝める日は近いかも??



さらにこの7月1日からスタートした新生童夢の代表取締役社長に就任された
高橋拓也さんの挨拶も。
その中で、マザーシャシーやF4に加え、新たなレーシングカーの開発や
スポーツカー(!)の開発も進める予定という、心強い発言が。
これからの童夢にも注目であります。



そして会場には、生沢徹さん、松浦賢さん、津々見友彦さん、高橋晴邦さん
大岩湛矣さん、トヨタの加藤光久副社長など、錚々たる面々が集結。
(クリックすると大きくなります)
皆さんから色々と興味深いお話を聞くことができました。




さらにホテル内に用意された二次会の会場には、
祇園祭りの真っ最中にもかかわらず、五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)が登場。
45人もの舞妓さん、芸妓さんが集合し、お茶屋遊びを堪能できるという
林さんらしい、なんとも粋で豪気なサプライズが。

はい、もちろん楽しんできました(笑)。



そして三次会も宴たけなわとなった7月16日午前0時。
この瞬間に70歳の誕生日を迎えた林さんのために、奥様の睦美さんによる
サプライズのバースデイ・パーティーが!



この日のために分刻み、秒刻みのスケジュールと
膨大な仕事量と、膨大な気遣いをこなされた林さん。
なにはともあれ、お疲れさまでした。

そして通常の取材では得ることのできない、素晴らしい体験をさせていただき
本当にありがとうございました。
引退後のご活躍も期待しております!

ではでは。


コメント
「スポーツカー(!)の開発も進める予定」というのはロードゴーイングスポーツカーのことでしょうか、それともプロトタイプレーシングスポーツカーのことでしょうか。
個人的には「とわ」に替わる新型ロードカーもS104も期待したいですが、S103はどうなってしまうのでしょうか。まだまだ実力を発揮できていないのにLMP1のテストカーになってしまうなんてもったいない。来るべきSARDのLMP2カー(というよりはLMP1のテストカーですが)との対決もまだ見ていないのに…ストラッカと童夢の合意の上だとしてもファンとしては寂しいです
  • ポッポ
  • 2015.07.19 Sunday 10:25
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM