<< 多摩川スピードウェイ・回顧展 | main | 12月6日はFestival of SIDEWAY TROPHY! >>
2015.11.10 Tuesday

LOTUS EVORA 400

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。

今日は東京渋谷のベルサール渋谷ガーデンで行われた
ロータス・エヴォーラ400の発表会にお邪魔。



あれ? 一体なにが変わったの?? とお思いかもしれませんが
ミドに搭載されたトヨタ製3.5リッターV6スーパーチャージャー・ユニットは
冷却系などが刷新された結果、406ps/7000r.p.m.を発揮。
合わせてブレーキもこれまでエヴォーラSに搭載されていた
APロッキード製の大径ディスクが奢られたり、サスペンションやギヤボックスも
見直されたり、MT仕様にトルセン式LSDが標準装備となったり
ビッグマイナーチェンジというべき進化を遂げております。



さらにインテリアの意匠も変わり、質感も大幅に向上。
フロントのレッグスペースやリアシートなどの居住空間も向上しています。
そして個人的に拍手を送りたいのが、近代ロータスのアイデンティティというべき
アルミ製バスタブシャシーが改良され、シャシー剛性はそのままに
サイドシルの高さが低くなり、幅が狭くなったことで
乗降性が比べ物にならないほど良くなったこと!! これは素晴らしい。
(※写真撮り忘れたので、他の専門サイト見て確認してね:笑)

いわばエヴォーラ・シリーズ2というべき内容の1台。



そして発表会には、英国ロータス・カーズから
テクニカル部門のトップであるサイモン・ウッド氏が来日。
エヴォーラ400の解説とともに
一時期の混乱から立ち直った現在のロータスの状況を話してくれました。



そんなプレゼンの中で、1975年にトニー・ラッドからコーリン・チャップマンに
当てた、内部資料が紹介される場面も。
(YES と書かれたコーリンの直筆サインに注目)

なんかね、こういうちょっとしたところに、新体制のロータス愛が感じられるな。
ウッド氏のスピーチも至極真面目でジェントルだったし。
そういうところが、ダニー・バハール時代のロータス(今や黒歴史)
と大きく違うんだよなと思うのは、あくまで個人的な感想。



で、発表会場が山手通り沿いだったので、当然というか必然というか
帰りに代官山のTSUTAYAにピットイン。

しばらく「買うたやめた音頭」を踊った末に
どーしても必要になるから……と自分に言い聞かせてこんな本買っちゃいました。
かなり勇気のいる金額でしたが、結果的に幸せです。

ではでは。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM