<< 愛しの911R | main | HALL OF FAME British F3 Champions >>
2016.03.07 Monday

SUPER BATTLE of MINI 2016 Rd.1


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
昨日は、朝から筑波サーキットへ。
個人的なモータースポーツの開幕戦となるSUPER BATTLE of MINI 2016 第1戦の
FORMULA CLASSICSに参加してきました。



今回集まったのは、フォーミュラ・フォードのクラス2が7台と、F2/FBのクラス3が1台の計8台。
ちょっと寂しい台数となってしまいましたが、
河西マーリンMk11A、築山ロータス51、福永マーリンMk17、安室フォースグリーニMk12
田中フォースグリーニMk12、中山ブラバムBT16(ここまでがクラス2)、そして三枝ロータス41と
いすれも強豪揃い。また心配されていたお天気も回復して、ドライコンディションの中での開催となりました。



我が69君も、昨年秋のサイドウェイ・トロフィー以来、放りっぱなしでしたが
先週QEDに赴きメンテをし、エンジン&ギアボックスのオイルも交換して準備万端。
しかし、ドライバーの方は花粉症をごじらせ副鼻腔炎になって先週いっぱい寝込んでいたために
体調は最悪(言い訳ともいう)。終始頭の中がボケーっとしたまま出走を迎えます。



その前に、袖ヶ浦で宮坂宏さんにいただいたアドバイスをもとに、
フロントのスタビライザーを強めにセッティング。
前後の空気圧は低めの12psiに設定。果たしてどんな風に変わるのか??



迎えた予選。河西さんの後ろについてコースイン。最初はタイヤも冷え冷えでグリップしないので
温めながら慎重にラップしていきます。
ただ妙に団子状態になった3周目、ダンロップ下で前のクルマに近づきすぎて慌ててブレーキング、そしてスピン。
幸いどこにも当たらなかったものの、たぶん後続の中山さんに迷惑かけたはず(すいません)。

気を取り直して再走。今度は完全なる単独走行(笑)。
久しぶりの走行で、いまいち感覚が取り戻せないものの、落ち着きのなかったフロントのフィールも
改善された(気がする)ので、少しずつペースアップ。
そして4周目にはこれまでの自己ベストを更新する1分10秒287を記録。
よーっし頑張るそー! と臨んだ5周目の1コーナー、早めにアクセルを開けすぎて再度スピン(号泣)。

相変わらずスピン癖の治らないまま、走行を続け8周目に1分9秒502という
ベストラップを記録して当座の目標であった10秒切りを達成。
そして調子に乗った12周目、1ヘアの突っ込みでブレーキングした瞬間にリアが流れて3回目のスピン(大号泣)。
しかもエンジンストールさせたうえに、再始動にとまどりヘアピンのインにしばらく停車するという大失態。
あー、もう完全に集中力切れてるわ、これ以上走ってもダメだわとピットイン。予選終了となりました。

気になるグリッドは安室フォースグリーニに次ぐ5番手。
しかしながら、ポールの築山さんは、な、なんと1分4秒998というスーパーラップを叩きだし
ついに4秒台に突入。その差がまた5秒近くに開きました。トホホ(泣)。



そのピットに帰る道すがら、なんかエンジン音がボソボソと言ってる気がしたので
プラグをチェック。3番が多少黒いものの、極めて正常。ん? 気のせいかな??
と思ったら、なんと築山さんがマフラーが途中で抜けているのを見つけてくれました(汗)。
よく見ると、マフラー後端のステーにもクラックが。
以前エキマニが割れたのも、やっぱこの振動が原因なのかも。
抜本的な対策は後日として、スーパーメカの畔柳さんの手で応急修理。
築山さん、工具、針金を貸していただいた河西さん、畔柳さんありがとうございました。



いよいよ決勝。なんだかんだドタバタしたけれど、一応10秒切りはしたので
今日の体調(そしてメンタル)を考えてあまり無理はしないように…‥と心に誓って出発。



そしてスタート!気張りすぎてホイールスピンが多すぎたものの、
なんとか安室さんの後を追って……と思ったら、予告通り三枝41のツインカム・パワーに
ブチ抜かれ、ポジションを1つ落として1コーナーへ。

すると立ち上がりで安室フォースグリーニがスピン! あわわ、あわわと避けているうちに
先頭集団の3台は見えなくなり、三枝さんは遥か先。そしてバックミラーには中山さんのブラバムが大きく映ってる。
でも、予選でのスピンのトラウマが抜けきらず、1周目はかなり慎重に走行。
2周目からペースを上げるも、ダンロップ下と最終コーナーはなんか怖くてビビり気味。

それでもなんとか三枝さんの後ろ姿が近づいてきて、抜けないものか? と頑張るものの
バックストレートとホームストレートでバビーンと引き離されるパワーを見せつけられ意気消沈。
6周目くらいから集中力も体力も尽きて、ヘロヘロ。
結局、そのまま総合5位、クラス4位でのゴールとなりました。

しかもレース中のベストは1分10秒472……。
ファステストを出した築山さんは1分5秒246。うーん、中々うまくいきませんなぁ。



レースの方は、1周目に築山ロータスの牙城を切り崩した河西さんが
築山さん、福永さんとの接戦(2位の築山さんとの差は0.226秒!!)を制して見事優勝。
この3台の緊張感のあるバトルは、会場に来た皆さんにも満足いただけたのでは??



そしてクラス3は三枝さん(去年のクラス3チャンピオンでもあります)の優勝。
できればクラス3も、もう何台かエントリー増えると楽しいですよね。
でもそうすると、また僕のポジションが下がるだけか……。



というわけで、なんか不完全燃焼気味ではありましたが
もう少しスムーズに走れば8秒台は出そうな気配がしているし、クルマも壊さずに済んだし
これで良しとすることにしましょう。

次回69君が走るのは、4月17日のJAPAN LOTUS DAY 2016。
レースはいつになるか未定だけど、ちょっと筑波か袖ヶ浦で練習したいなり。

ではでは。

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM