<< SUPER BATTLE of MINI 2016 Rd.1 | main | 追憶の船橋サーキット >>
2016.03.09 Wednesday

HALL OF FAME British F3 Champions


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
今朝起きると久々に生沢さんからのメールが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブロガー各位

1966年から2年間在籍していたブランズハッチのティーム Motor Racing Stables のティーム・メイト、
ハリー・スティラーが、こんなポスターを創りました。
1960年代の1リッター F3時代に英国F3チャンピオン・シップに出ていたドライバー達を網羅したポスターです。
85人中、既に30人がこの世を去っています。



1ポンド 1008円、1ドル 360円。
海外へ持ち出せるお金は、わずか500ドルまで。
インターネットどころか、携帯電話は元よりFAXすらも無い、
海外との電話も一々国際電話の交換台を呼び出して繋いでもらう。
そんな時代に、この顔ぶれを相手に本当に良くやったと思います。
2年目、67年には、ティーム・メイトのハリー・スティラーを負かしていましたので、
問題無くチャンピオンになれていました。

但し、アタシは、毎シーズン、5月の日本グランプリで1年分の英国での
レース資金を稼がなければならなかったので、英国に戻ってシーズンを始められるのは、6月になってから。
もし、フル・シーズン出来ていれば……。
人生に、もしもは、ありませんけどね。

ちなみに、1964年のジャッキー・スチュアートは、初めて海外に行った時、
Oulton Park のレースで、ケン・ティレルのクーパーで出ているのを見ています。
その後も旅行中、偶然、パリの空港でも彼を見ています。

生沢

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのハリー・スティラーさんというのがこの方。



周りも錚々たるメンバーですが、ハリー・スティラー自身も1966年、67年の英国F3チャンピオン。
その後も1970年代まで、F5000やフォーミュラ・パシフィックで活躍しますが
自身のガレージであるハリー・モーター・カーズを設立し、レーシングカーのモディファイなどに従事。
1975年にはロブ・ウォーカー・ティームのディレクターとして、ヘスケス308を改良。
アラン・ジョーンズをドライバーに迎えてF1に参戦もしています。

その彼を打ち負かしていたというのですからね。もしかしたら、もしかしたわけです。



そしてこちらが、言わずと知れた当時の生沢さん。
こうしてみると、1960年代の英国F3がいかにコンペティティブで
ものすごいメンバーを排出していたかがわかります。


TETSU IKUZAWA AT 70より

ちなみにこれは1968年のブランズハッチのグリッド。
前年までモーター・レーシング・ステーブルズからエントリーしていた生沢さんは
この年から、フランク・ウィリアムズ・レーシングに移籍。
傍に立つのは、若き日のフランク・ウィリアムズ!!


TETSU IKUZAWA AT 70より

こちらはシルバーストーンを走る生沢さんとブラバムBT21B。
後ろから迫るのは、テクノ・ワークスのフランソワ・セヴェール!!

この当時、英国F3で生沢さんが打ち立てた多くの記録は、のちに佐藤琢磨が英国F3王座に輝くまで
長い間破られることはありませんでした。

今から15年ほど前、ちょうど佐藤琢磨が英国F3で大活躍していた頃
取材でレストアラーとして有名なピーター・デンティ(彼は元GRDのメカニック)の元を訪れた時
「日本人ならテツを知ってるか? サトーは、まぁまぁ良い選手だが、これまで見てきた日本人ドライバーで
 ベストはテツだ。ナカジマ、スズキ、カタヤマ……? 全然レベルが違う。彼は本当に速かった」
と言われたのを、鮮烈に覚えています(実はそれが、その後に生沢さんの取材をしようと思うきっかけでもありました)



確かにこのマイク・パスカルさんのように、今でもテツ・イクザワを敬愛してやまない
(この完璧なコスプレっぷりを見よ!)彼の地のエンスージァストは多いですからね。

きっと今月19日からのグッドウッド74thメンバーズ・ミーティングで
パスカルさんとex-生沢号の走りを見られるはず!
その模様もまたここでお届けしたいと思います。

ではでは。


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM