<< Goodwood 74th Members' Meeting Part1 | main | 今月の推薦図書 >>
2016.03.26 Saturday

Tetsu Ikuzawa @ MAN of the WORLD


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
年度末ゆえか、なんかバタバタした1日でしたが
やっと落ち着きました。ふぅー。
(落ち着いている場合じゃないだろ! との声もありますが)

そんな中、昨晩遅くにまたまた生沢さんからメール。
以下その原文です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


© MAN of the WORLD

友人各位、(オマエは友人なんかじゃねーと言う方々には "知人各位" と言うことで)
この20日にオーストラリア・グランプリが行われ、
今年のモーター・スポーツ・シーズンが開幕しました。
ニューヨークのマガジン「MAN of the WORLD」の最新号で
「Tetsu Ikuzawa」が取り上げられ、シーズン開幕に合わせて発売されました。
それも表紙、カバー・ストーリーです!
他の号の表紙の顔ぶれを見て!

なんでオマエが MAN of the WORLD なんだよと言われそうですが、凄くない?
Tetsu Ikuzawa に、18ページも割いています。

http://www.manoftheworld.com/pages/magazine-man-of-the-world
http://www.manoftheworld.com/products/issue-no-15-limited-edition-tetsu-ikuzawa
http://www.manoftheworld.com/pages/stockists

しかもアタシの号、大好評で、なんと既に売り切れ間近だそうです!
見たい方は、早急に入手した方が良いです。

直接注文して、既に入手している方が居ます。
上記の出版元から直接購入出来ますが、日本では以下で購入出来ます。

 代官山 蔦屋書店
http://store.shopping.yahoo.co.jp/d-tsutayabooks/mag58721w.html

生沢 徹
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか最近、生沢さんの噂を聞かないなー(F3のポスターの話題はあったけど)
なんて思っていたら、こんなことになってたのですね。

ちなみにこちらがその中身の一部。


© MAN of the WORLD

あ、この写真は見たことない!
これはきっと1968年のワンショット。
くぅー、もうこれだけで買うしかないじゃないか!!


© MAN of the WORLD

これはたぶん1965年頃の深沢にあった生沢邸の様子。
なんかこういうライフスタイルを含めて、彼の地の人にも
興味深く映るんでしょうねぇ。だって僕らが半世紀後に見ても未だ新鮮だもの。

ええ、もちろん僕もTSUTAYAのHPでポチっとクリックしておきました。はい。
生沢ファンの皆さんも御大直々の指令(笑)なので是非。



そんな生沢マニアは今回のグッドウッド74thメンバーズ・ミーティングにもいました。
コクピットからサムアップしてくれたんで、てっきりマイクさんかと思って
近寄ったら、乗っていたのは代打のポール・カイトさん。
なんでもマイクさん、足怪我して乗れなかったらしいです。

昨年は下位集団をウロウロしていたこのBT21ですが、ドライバー交代の甲斐があったのか?
今回は上位集団を快走。それもまた複雑です(笑)。



なんか去年、いろんなところから反響が大きかったらしく
ボディサイドには、その出自を示すマーキングが!

なにはともあれ、遠い海の向こうの様々な世界で
生沢さんの偉業がしっかりと評価されているのは、僕らとしても嬉しい限り。

ではでは。

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM