<< 今月の推薦図書 | main | 10e Grand Prix de Monaco Historique >>
2016.05.09 Monday

The Transaxle Era

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
皆さん連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

ここ数週間、完全音信不通状態だったモータープレス。
いったいこの間に何があったのかというと……



月末の諸々の締め切りを片付けたあと、ポルシェジャパンさんのお誘いで
ユーラシア大陸横断ツアー(?)へ。
まずは4月24日に北京に飛んで北京モーターショーでのポルシェ718ケイマンの
ワールドプレミアに参加。

実はこれが人生初中国だったんですが、いろんな意味でダイナミックだったわ。
このパワー侮れないね。すごい。唯一の心残りは偽くまモンを撮り忘れたことだな。シェイシェイ。



で、今度はパリ経由でドイツ・シュトゥットガルトへ。
この4月27日からポルシェ・ミュージアムで開催されている、トランスアクスル40周年記念展に
併せて開催されたジャーナリスト向けのワークショップに参加。



いやぁ、ただでさえ濃いミュージアムの展示がさらに一層マニアックになってましたね。
今回初公開のクルマも多かったし、見ごたえは十分。
924〜968、928オーナーは必見の展示であります。


photo:Poesche Japan

さらに加えて、924、968のデザイナーであり、1990年代のポルシェ中興の祖というべき
ハーム・ラガーイさん(左)をはじめ、ノルベルト・ジンガーさんなど
トランスアクスル時代を知るレジェンドたちを独占(!)してのインタビュー取材。
しかも直々にミュージアムを案内していただき、説明してもらうという豪華っぷり。ここでまず心の失禁。



そして一夜明けて、今度は完全非公開のミュージアム所蔵庫を襲撃。
ここを訪れるのは2012年のオープン時以来2回目なのだけれど、膨大に膨れ上がったコレクションに
再び心の失禁。案内されながらボイスレコーダーを回してたんだけど「うわー、おおーー!」
しか言ってないもの(笑)。



まぁ、ここではホントに凄いものばっか見せてもらったね。
これなんて初めて見たもの。



これなんかも見る人が見たら卒倒するよね。個人的に2台目の白いのなんか、もう……。



あと、こんなところも特別にご開帳してもらったり。
いや、これはもう凄い。ホント、もう大変!



んでもって、個人的に涙したのが、この906ロングテール!
いやー1966年のル・マンに出たワークスカーが、そのままの姿で生き残っていたとは。
てっきりショートテールに戻されて、どっかに売られちゃったのかと思ってた。
これだけで感動。すいません、ここに住み込みで働かせてもらえませんか??



いやーすごかった。もうお腹いっぱい……で終わらないのが、このワークショップの凄いところ。
なんと今回のメインディッシュは、歴代トランスアクスル・モデル8台一気乗り!

3年前の911 50周年の時にもミュージアム所蔵の歴代911(今回も展示されてた)を
自由に乗れるというスペシャル・プログラムがありましたが、
今回は我々日本チームに限って特別に8台全部にガッチリ乗れるというサプライズ付き!
これまた心の大失禁。しかもどれもまた程度が良かったんだ。



ええっ、こ、こんなスペシャル・モデルにも乗っちゃっていいんですかっ!!

てな模様は今月末に発売されるGENROQ、モーターヘッド、ル・ボラン、ベストカー各誌に掲載予定。
(まだまだお仕事お待ちしてまっせ!)
そんな諸々の原稿を週末のモナコ・ヒストリックGPに出発する前に
片付けて行かなきゃいけないんだけど……ねぇ。

ではでは。

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM