<< BMW Tokyo Bay | main | ドレスデン・トランスポート・ミュージアム >>
2016.07.13 Wednesday

Un homme et une femme

 

Motor Press(モータープレス)

極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
昨日は都内で行われたPSAグループのディーゼル・エンジン導入発表会のあと
ENGINE誌の村上編集長の紹介で、
この10月15日から恵比寿ガーデンシネマなど、全国10箇所で公開されることが決まった
クロード・ルルーシュ監督1966年製作の名作『男と女』の試写会へ。
 

ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメ、ピエール・バルー主演で
1966年のカンヌ映画祭グランプリなど数々の賞に輝いた、この不朽の名作について
今更ここで、どうのこうの説明するまでもないと思いますが
当時の日本を含め、様々な人々に影響を与えたこの映画が生まれて今年で50年!
 
そんな記念すべき年に、ルルーシュ監督の短編でエンスーの皆さんにはおなじみの
『ランデヴー』ともどもデジタル・リマスターされて、再上映されることとなったのです。
 
特徴的なカラーとモノクロのフィルムの使い分けは、単に予算の問題だったとか
この映画の後にエーメとバルーが結婚したとか、続編の『男と女II』はつまら⚫︎いとか……
いろいろな話がありますが、僕自身この映画を大学1年の時にはじめて見て
めちゃくちゃ感化されて、何十回、何百回(誇張ではなく)見直したどころか
思い余ってドーヴィルにまで行った(写真が出てこない……)経験をもつだけに
久々の大スクリーンでの鑑賞は感動のひとこと。
 
映像も当時の雰囲気を壊さずにクリアになってるし、翻訳も新たにされてるし
昔見た人はもちろん、今まで見たことがなかった人にも、ぜひご覧いただきたいと切に思います。
 
ちなみに『男と女』といえば、舞台となった1965年のル・マン24時間と
1966年のモンテカルロ・ラリーの貴重な映像が盛り込まれているのはもちろん
当時のモンレリー・サーキットや、GT40、マスタング、ブラバムBT21などが
ふんだんに登場するのがエンスー的には有名ですよね。
 
そんな”『男と女』あるある” と言えば……
 

フランシス・レイの「ダバダバダ、ダバダバダ」というテーマ曲を背景に
主人公ジャン=ルイ・デュロックが、モンテに出たマスタングで疾走するシーン。
 
これを見てあれ? と思った方います??
 

実は劇中でモンテを走るデュロックたちのマスタングのゼッケンは145番。
 
それがなぜか、エーメ演じるアンヌを迎えにいくシーンでは184番になっちゃうんです。
いやぁ、これまた随分なポカミスですな……と片付けたいところですが、ここには深い? 理由が。
 

実はこの映画の製作にあわせ、ジャン=ルイ・トランティニャンはアンリ・シュマンとともに
フォード・フランスのマスタングで実際に出場しているんです。
 
ま、トランティニャンの叔父は1954年のル・マン・ウィナー、モーリス・トランティニャンですしね。
しかし彼らのマスタングはあっけなくリタイアしてしまうのです。
じゃあなんで184番なのか? というと……
 

同じフォード・フランスから出場し、総合11で完走したGreder Henri /Delalande Martial組の
マスタングのゼッケンが184番だったのですよ。
 
ゴールシーンに合わせて、劇中車を184番にしたのか?
それとも先に184番のつもりでラストシーンを撮っておいたら
実際のモンテのゼッケンが145番になったのか? その真相はわかりません。
 
そんなことも本編の素晴らしいストーリーにはまったく関係ないことですね。
無粋なこと言ってスイマセン。
 

ちなみにラストシーンのマスタングはレジスターナンバーを見てもお分かりのとおり
ノーマルのマスタングをラリーカー風にした劇中車。
 
あー、また無粋なこと言ってスイマセン。
実はそのくらい暗記するほど何回も見てるのでありました。
 
というわけで、公開に関する詳細については
オフィシャルHPをご覧ください。
 
最後にデジタルリマスター版の予告編でお別れです。
 

ではでは。

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM