<< 75th Goodwood Members' Meeting 2017 | main | 今月(先月)の推薦図書 >>
2017.03.26 Sunday

Farewell John Surtees

 

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



こんにちは。

先日の75th グッドウッド・メンバーズ・ミーティングでのこと。

日曜のラストレースとして設定されていた1962年から66年までのプロトタイプ・レーシングカーに

よって競われる恒例の『サーティース・カップ』を前に、主宰であるマーチ卿が

1966年シーズンにサーティースが乗ったローラT70スパイダーに乗って現れました。

 

 

エグゾーストノートを響かせながら出走車を先導する形でゆっくりと場内を1周したマーチ卿は

グリッドの最前列にローラを止めました。

 

「ジョンはノイズが好きだったから皆んなでエンジンを掛けて、天国の彼を驚かせてやろう」

 

 

彼の呼びかけに応え、パドックに止まっていた全車が一斉にエンジンを始動し

1分間にわたって、何度もブリッピングを繰り返し、サーキット全体で偉大なるチャンピオンを偲びました。

 

 

”ジョン”とはもちろん、さる3月10日に83歳で亡くなったジョン・サーティースのこと。

WGPの350cc & 500cc クラスとF1の両方でワールド・タイトルを獲得した史上唯一のレジェンドです。

 

「あれだけの功績を残したのに”サー”の称号がジョンに与えられなかったのが残念だ」

 

とマーチ卿がいうように、モスやブラバムと違いサーティースにナイトの称号が与えられることはありませんでした。

しかしそれを「サーティースらしい」と評する人が多いのも事実。

あまり自己主張せず、誰に対しても大らかで紳士的な振る舞いをするサーティースは、

近年のグッドウッドの各イベントには欠かせない、スターの一人でもありました。

 

写真は昨年9月のグッドウッド・リバイバル・ミーティングでのもの。

確かに年々、足腰が弱ってきている印象はあったものの、矍鑠としてお元気な様子だったのに……。

 

 

このとき、グッドウッド閉鎖50周年を記念するパレードで、フェラーリ250GTOをドライブしてみせたのが

結果として公の場で見せた最後の走る姿となりました。

 

 

僕がサーティースに初めて会ったのは、1996年に筑波サーキットで行われた

クラシック・バイクのイベント『タイムトンネル』でのこと。

当時すでにネコの社員でしたが、書籍販売の売り子の一人として連れて行ってもらい

途中で仕事を抜け出して(笑)、ホンダ・コレクションというムックのRA300の写真にサインを

もらった記憶があります。

 

その後、2010年のグッドウッド・リバイバルをきっかけにグッドウッドに通うようになってからは

毎年のようにピットやパドックで顔を見かけるようになったサーティース。

カメラを向けると、いつもいい表情でポーズを取ってくれるんですよ。

 

photo:Kozo Fujiwara

 

そういえば、この2010年のグッドウッドはちょうど”サーティース・イヤー”が催されたときでもありました。

 

その前年の2009年には、FIA F2のアクシデントで長男のヘンリーを亡くしたばかり。

「このTS10とTS13は、このイベントでヘンリーと一緒にドライブしようとレストアしてたんだ。本当に残念だよ」

と語ってくれたサーティースの言葉が、とても印象に残っています。

 

photo:Kozo Fujiwara

 

息子の死を受けサーティースはHenry Surtees Foundationを設立。

この基金を通じて、交通事故に遭って障害を負った人のサポートや

モータースポーツの啓蒙、2輪、4輪の交通安全を推進などの活動を続けていました。
僕も2014年のフェスティバル・オブ・スピード(この年もサーティース・トリビュートでした)で募金。
特製のキャップを購入したら、御大自ら「せっかくだから」とサインをしてもらいました。

そのとき握手してもらった手は、20年前の筑波のときと変わらず、分厚くてしっかりしていたのを覚えています。

 

© Honda Motor Co., Ltd.

 

もちろんジョン・サーティースといえば、第1期ホンダF1でのジョイント、中村良夫さんとの関係、

生沢さんとのエピソード、1972年日本GPでの優勝、ティームオーナーとして来日した1976年F1イン・ジャパンなどなど

日本のモータースポーツ界にも様々な影響をもたらした功労者のひとりであることに間違いありません。

 

 

80歳を過ぎてからもモーターサイクルを前にすると、少年のように目をキラキラさせ

いつも以上に饒舌になって嬉々として走り出す”ビッグ・ジョン”にもう会えないんだと思うと

なぜか猛烈に寂しくなってしまいますが、改めてここにご冥福をお祈りしたいと思います。

 

ではでは

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM