<< 今月も推薦図書 | main | 今月の推薦図書 >>
2017.09.12 Tuesday

グッドウッド・リバイバル・ミーティング 2017

 

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記

 


こんにちは。

あ、日本はこんばんはですね。

今年もまた、恒例のグッドウッド・リバイバル・ミーティングに行ってきました。

まだ全然写真整理もしていませんが、その思い出をつらつらと……。

 

 

今年のイベントを一言で表すと「雨のグッドウッド」。

ってくらい、ホントよく降りました。しかも天気予報通りに。

クライブ・チャップマンも「金曜は最悪だった」ってくらいだもん。

 

ただ激しい雨だった分、上がると、そこかしこにカッコイイ風景が出てくる……ってのも悩ましい。

 

 

今年のテーマのひとつ、エキュリー・エコス。Dタイプ、Cタイプ、XKやトジェイロも大集合。

そして27番のDタイプの助手席のお姉さんがセクシィー。

 

 

早朝パレードは、誕生60周年を迎えたフィアット500。この人たちのノリがいい。最高。

 

 

だから普段頑固なオフィシャルのお父さんも、フラッグをトリコローレにして応援中。素敵。

 

 

最近、グッドウッドに着くとまず向かうのがコース奥にあるセント・メアリーズ・コーナー。

いやらしい逆バンクになってて、ここでの走りで速い、遅いがわかったりもする。雰囲気もいいとこ。

 

 

うまい人はコーナーの手前で姿勢を作って、アクセル踏んでサイドウェイのまま立ち上がっていく。

 

 

でも予報通り、朝から降ったり止んだりの雨。そして午後からは豪雨。逃げ場もなくて濡れるだけ。

そんな中でも1.5リッターF1のグローヴァー・トロフィーの人たちは、ガンガン走る。見習わないと。

 

 

本来金曜に行われるはずのサセックス・トロフィーの予選が土曜朝に変更されたり、結構バタバタ。

いつものとこからの眺めだけど、あーグッドウッド来たわーって気になる(笑)。

 

 

そうそう、金曜の朝一にアールズコート・モーターショー(!)で新型TVRグリフィスの発表会が

行われたのも今回のトピック。さてさてゴードン・マーレイ・デザインの実力はいかに?

 

※クリックで拡大します。

 

あとアクターたちや、お客さんの服装。会場の作り物も気になる気になる……

 

 

いつものバイクのパドック。なんかこの雰囲気落ち着く。

 

 

レースの方ももちろん白熱。スペンサー御大も出てましたし。MVアグスタの4気筒がよかった。

 

 

チチェスター・カップはリヤエンジン&ドラムブレーキのFJ。

……ということは、来年はリヤエンジン&ディスクブレーキのFJの回か? それは見ないとダメなやつ。

 

 

去年のA35ワンメイクも面白かったけど、今年の50年代サルーンのセント・メアリーズ・トロフィーも

面白かったよねぇ。トム・クリ御大は最近、すっかりアメ車の人だな。

 

 

スタードライバー&VIPのパート1も、オーナードライバーのパート2もどちらも最高。

スタンドもコース脇もお客さんでいっぱいだもん。ヒストリックレースなのに。

 

 

でもって、セットリントン・カップは相変わらずかわいい。久保田さんちの麻莉ちゃんも無事完走。

 

 

今年は天候のせいもあって、あちこちでスピンやクラッシュがありました。もちろんクラッシュが

ない方がいいんだけど、そこまで本気になって遊ぶってのもこちらのヒストリックの魅力なんだな。

 

 

去年の覇者、ニックさんとロータス25。今年は残念ながら大雨の影響でリタイア。

 

 

なんと今回は常勝アンディさんのロータス25が敗れるという大波乱のグローヴァー・トロフィー。

そんな中、キラリと光ったのがリチャード・アトウッド御大。大雨の中のマシンコントロールは見事。

さすがはル・マン王者。もう77歳なんですよ。こんな走りを間近で見られてよかった!

 

 

個人的には飛行機方面も大収穫だったなぁ。P38ライトニングのフライトも観れたし。

 

 

そして土砂降りの中のラストレース、サセックス・トロフィーでのサム・ハンコックの走りもすごかった。

 

 

もうひとつのトピックとしては、今年は日本からのお客さんが多かったことですね。

まぁ確かにイギリスは遠いし、衣装もってくるのは面倒だし、ご飯は……だし、と色々ありますが

それでも一生に一度でいいから来る価値あると思うのよね。それも勢いのある今のうちに見るべし。

 

 

そういう僕自身も日曜のレースが終わったあとは「ホントひどい雨だし、もう来たくない!」

なんて思ってたのに、今になると来年は20周年だし、絶対来ようなんて思い直してる始末。

 

別に真似する必要はまったくないんだけど、このグッドウッドで見た楽しさを

鈴鹿サウンド・オブ・エンジンや、サイドウェイ・トロフィーでも実践したいな。

 

というわけで、そろそろ日本に帰ります。

 

ではでは。

 

 

コメント
藤原様
いつも楽しみに拝見しております。
いつかはグッドウッド・リバイバル・ミーティングに行きたいと
友人といつも話をしています。
でお聞きしたいのですが、渡航費諸々を含め費用はどのくらい用意すれば可能でしょうか?
何度も渡航経験のある藤原様にお聞きするのが早く的確なアドバイスがいただけるのではないかなと不躾とは思いましたがお知らせ頂けませんか?
個人での渡航やツアー会社・その他方法があろうかと思いますが、
海外等に渡航経験が無く、英会話もダメです。
この様なものが無謀にもグッドウッド・リバイバル・ミーティング
参加ではありますが宜しくお願いします。
  • 原 康仁(はら やすひと)
  • 2017.10.22 Sunday 09:47
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM