<< 今月の推薦図書 | main | 今年の『RICAHRD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE』は必見!! >>
2017.10.12 Thursday

Ferrari 70th Anniversary Celebration

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記

 


こんにちは。

今日はお相撲で有名な両国国技館で行われた

フェラーリ70周年記念日本イベント"Driven By Emotion" のプレスカンファレンスにお邪魔。

 

 

もう両国駅前からフェラーリ一色って感じなのですが、上京して早20ウン年。

もしかしてもしかすると、両国国技館に来るの、初めてかも……。ごっつぁんです。

 

 

※クリックで拡大します。

 

そして会場には、250GT SWBや275GTB/4から、SP1、セルジオ、

さらに70周年記念のカリフォルニアTなど、40台近い歴代モデルが集結!!

 

 

そしてフェラーリ・ジャパン&コリアのリノ・デパオリ社長と

極東・中東エリア統括のディーター・クネヒテルCEOのスピーチのあと

La Ferrari Aperta のアンヴェール!

 

 

先月のマラネロ・オークションで、追加で1台作られたアペルタが830万ユーロ(約11億円ですか……)で

落札されて話題になりましたが、209台限定のレギュラーモデル(?)でさえ、約4億円なんですってね。

いやぁ眼福、眼福。おそらくこれが最初で最後のフェラーリの土俵入りでしょう(笑)。

 

そんな会場でフト疑問に思ったんですが『フェラーリ70周年』って、

一体なんの70周年なんでしょうか?

 

ちなみにエンツォ・フェラーリが、スクーデリア・フェラーリの前身たる

『ソシエタ・アノニーマ・スクーデリア・フェラーリ』を設立したのは1929年。

 

アルファ・コルセと決別したエンツォが『アウト・アヴィオ・コルトルツィオーニ』を設立したのは1940年。

ちなみに、エンツォの開発したオリジナル車両第1弾は、アウト・アヴィオ・コルトルツィオーニ815

(アルファから4年間フェラーリを名乗ることを禁止されてたのは有名ですよね)で、その発表も1940年。

 

そしてマラネロにフェラーリ社の工場を構えたのは、第2次世界大戦が終了した1945年のこと。

 

 

ということは、フェラーリ・ブランドを名乗った最初の作品、125Sの誕生から70周年なのね……

といきたいところなんだけど、実は正式にはフェラーリが125Sをプレス発表したのは1946年12月のこと。

 

じゃあなんで70周年なの? と今日のプレスカンファレンスを聞いていたら

完成した125Sが、マラネロの工場から初めて路上に出たのが1947年3月12日

(ちなみにピアチェンツァでのレースデビューは5月11日)なんだそう。

 

つまり、フェラーリの名を冠した最初のモデル、125Sが公に走り始めて

今年で70周年ということなんですね。

 

 

なるほど。だから今年のグッドウッドでも、フェラーリ創立70周年とか

フェラーリ誕生70周年とかいわずに、ただ「フェラーリ70周年」と言ってたわけだ。

 

実は我々の職業的にこういうのって、結構落とし穴だったりして

なにを基準にした⚪︎⚪︎周年か、って調べておかないと、間違ったこと書いたりしちゃう。

ま、今回は「フェラーリ創立70周年……」とフェイスブックに書きそうになって

あれ? ちょっと待てよ??と思ったのがきっかけなんだけど(笑)。

 

でも、こんな細かいことばっか気にしてると女の子にはモテないから、ほどほどにしといた方がいいぞ!

 

というわけで、明日のお昼までなら両国国技館でこれら40台のフェラーリを見ることができるそう。

その後、名古屋〜伊勢神宮に向けて、70台のフェラーリによる70周年記念ラリーがスタートするそうです。

 

ではでは。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM