<< 今月の推薦図書 | main | RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017 part2 >>
2017.12.04 Monday

RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017 part1

 

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記

 


こんにちは。

すっかりご報告が遅れてしまいましたが

さる11月18日、19日の2日間、鈴鹿サーキットを舞台に

今年も『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017』が開催されました。

 

 

今回の目玉は、なんといってもついに日本初上陸を果たした Masters Historic Formula One !

これまでも日本においてレーシングパレスの原田淳さんや、ヒストリックF1のパイオニアである

故 西田旬良さんが誘致活動を行ったり、個人的にもモナコやグッドウッドなどで見るたびに

なんとか日本でこういう超ド級のヒストリックカー・レースが見られないものか……と思ってきましたが

ついに、やっと、日本で見ることができるようになりました。いや、ホントにこれは凄いこと。

 

無論、このために長い間交渉を重ねてきた鈴鹿サーキットと、ロン・メイドン率いるマスターズのおかげなのですが

現役で活躍している久保田克昭さん、そしてこれまで様々な形でヒストリックF1に関わってきたオーナー、

関係者のみなさんの長年にわたるアプローチがなければ実現できなかったこと。

 

そういう意味でも、ヒストリックの世界に大事なのは継続することなんですねぇ。

 

 

今回、ヨーロッパとアメリカからやってきたのは、13台のマシンと13人のドライバー。

すでにご紹介してきたとおり、マスターズ・シリーズや、モナコ・ヒストリック、かつてのサラブレッドGPなどで

活躍している、世界でも有数のベテランばかり。

 

噂によると、今年の春にデモレースの開催が決まり、ロンさんがメンバーに「鈴鹿行きたい人!」と聞いたら

30人以上が手を挙げ、断腸の思いで現在のメンバーに絞り込んだとか!!

 

実際、来日した面々に話を聞くと、皆んなが鈴鹿に特別な想いをもっていて、走りたかった! と言ってくれるし

走ってみた感想を聞いても、コース、環境、ホスピタリティともに最高! と言ってくれる。

(彼らからすると、日本でしか見られないマシンの姿を観れたのも良かったらしい)

そんな話を聞く、僕も嬉しい(笑)。

 

 

 

もちろん、マスターズのボスのロンさんも好意的で

あとはファンの声さえあれば、日本で本場と同じFIA選手権を開催することも出来そうな気配。

今から鈴鹿サーキットにどんどん、開催熱望のメールを送りましょう(笑)。

 

この画像は、金曜の夜にエントラントを対象に行われたウェルカムパーティーの様子なんだけど

海外と日本のエントラントが一同に集まって交流する……という試みが行われたのも今回のSSOEの良かったところ。

 

ちなみにパーティー内では、長谷見さん、星野さん、右京さん、そして飛び入り参加の寺田さんによる

スペシャルトークショーが開催されたり、マスターズのゲストとして来日した

ロベルト・モレノさんのトークショーがあったりと、盛りだくさん。それもまた良かった。

 

 

 

あと海外勢にも好評だったのが、土日の昼に行われたグリッドウォーク。

マシンのまわりに無粋な柵などがない状況にもかかわらず、誰もマシンを触ったりせず

熱心に見入ったり、写真を撮ったりするマナーの良さに、マスターズの面々も感心しておりました。

 

実際、海外のイベントにいっても、あらゆる方向から間近で見たり、撮ったりできる機会って

なかなかないですからね。それだけでも十分に元がとれる気がする(笑)。

 

 

 

あわせて当日会場で受付されたグリッドキッズも好評。これも良い試み。

 

photo:モビリティランド

 

で、肝心のデモレースの方なんだけど、10台以上のDFV F1が一斉にローリングスタートする!

という光景は、やっぱり圧巻。残念ながら土曜のレース1は、雨やトラブルの影響もあって中止に

なってしまったけれど、フォーメーションに向かうシーンだけでも十分に鳥肌が立ったもんね。

 

あと、見に来たお客さんにちょっと分かりづらかったのは、会場に来ていたマスターズと他のF1の違い。

「なぜコジマやウルフやF2003GAがマスターズに出ないの?」という声を聞きましたが

マスターズに出られるのは、1966年から85年までの3リッターNAマシンのみで

FIAによって発行されるHTP(ヒストリック・テクニカル・パスポート)を取得したマシンであることと

ドライバーが国際C級以上のライセンスを持っていることが条件。

 

そういう目であたらめてみると、ブラバムBT49Cや、ウィリアムズFW08のロールバーがオリジナルの時より

高くなっていたでしょう? そうしたロールバーや消火設備、燃料タンク、フレームやモノコックのクラックテストなど

厳しい条件をパスしたうえで、マシン自体がオリジナルで履歴がしっかりした個体じゃなければいけないんですね。

 

今回は、大事な初開催ということもあり、ロンさんとしてもマスターズを熟知したベテラン勢のみでの

デモレースとしたいという意向があって、このような人選になっていたのですが

条件さえみたせば、今後は日本からのスポット参戦もOK! と言っていたので、新たな日本人ドライバーの

参戦の可能性もあるというわけなのです。

 

 

 

……ということで、1台ずつじっくりご紹介……といきたいところですが、

さすがに時間もないので、そのあたりに関してはこのあと、

様々なメディアから出てくる媒体をご覧になってください。

 

ただ、そんな中でも個人的に感動したのが、世界的なティレル・コレクターである

ジョン・ディレインさんが持ち込んだティレル001。個人的にやっぱ70年のF1好き。

去年のモナコ・ヒストリックでも見た1台だけど、鈴鹿で拝めるのは格別。

 

 

 

あと歴代ロータスF1の中でも、なぜかすれ違いばかりで見るチャンスのなかった

1983年のタイプ92に出会えたのも感激。雨の中で走るグレッグさん上手かった!

 

こんな形なのに、87とも88Bとも、91ともモノコックが同じであることを確認できたのも◎。

 

 

 

あとね、やっぱロータス76とヘスケス308Bのランデブーには萌えたね。

なんてったって、76で動態保存されているのは、これ1台だけだし

これだけでもチケット代、十分に元取れた。

 

 

 

また久保田さんと88Bの本気走り(笑)もすごかったね。

この日のために、DFVも本番用のハナシマ・チューンに載せ替えたり、ツインシャシーのダンパーを

オーバーホールしてしっかり仕上げたり……と本気モードでした。

 

 

 

そしてリシャール・ミル御大は、数あるコレクションの中からマクラーレンM23とともに登場。

春の富士に来たのとは別の個体。1年で2台もM23の走る姿を日本で見られるなんて最高だな。

来年はリシャールさん、ティレルP34を持ってきてくれないかな(笑)。

 

 

 

あとね、個人的に嬉しかったのが、モレノさんがいろんなマシンに乗って嬉々として走ってたこと。

マシンのオーナーにもいいことだし、僕らにとっても嬉しいこと。

こういうレジェンドがアドバイザー的にいるシリーズって素敵だわ。

 

 

 

そうそう。会場ではこんな出会いも。かつてマキチームのセカンドドライバーとして登録され

チームに帯同していた速見翔こと新井鐘哲さん(右)と、

1975年のオランダ、イギリスの予選に出走した鮒子田寛さん。

 

こうした日本の歴史が、ここ鈴鹿で繋がったこともすっごく意義深いことですよね。

よし、来年は鮒子田さんにも新井さんにもマキに乗ってもらおう。って僕が決めることじゃないけど。

 

他にもいっぱい書きたいことや、見せたい写真もあるけど、何はともあれF1編はこのあたりで。

ちなみに鈴鹿サーキットでは、終日LIVEでイベントの動画を配信していたんだけど

それが今もYou Tube上で見られるのを知ってましたか?_

 

それこそ、1日まるごとなので9時間以上ありますが、コツコツと見ていただくだけで

SSOEがどんなイベントがわかっていただけると思います。

 

 

SSOE 11月18日(土曜日) フル動画

 

 

SSOE 11/19(日曜日)フル動画

 

※土曜のマスターズの津川哲夫さん、日曜のマスターズ予選の金子博さん、そしてグループCでの

カーグラフィックの早田さんの愛ある解説は必聴。

 

いずれにしろ、日本でこうした”魅せる”エンターテイメントとしてのヒストリックカー・レースが

行われるようになったのは、個人的に素晴らしいことだと思います。

もちろん「自分も出たい!」という気持ちもわかりますが、然るべきクルマが然るべきシチュエーションで

走るハイエンドのイベントがあると、必ず参加型のクラブマン・イベントも盛り上がる。

海外でずっと、そうしたケースを見てきただけに、日本もやっとそういう環境が整いつつあるのかもな……

と思った次第。

 

この続きはまた後日。

ではでは。

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM