<< ESSO RACING TEAM STORY 第1回 | main | ESSO RACING TEAM STORY 第3回 >>
2011.01.18 Tuesday

ESSO RACING TEAM STORY 第2回

 



Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



ESSO RACING TEAMの足跡を辿る前に
もう少しレーシング・クォータリーの話をしましょう。

前回の最後で触れた元ESSO RACING TEAMマネージャー尾崎郁夫さんと、
RQが結びつく前に、もうひとりのキーマンがRQに加入していました。

その人の名は、解良喜久雄さん。

高校卒業後、太陽日産でメカニックとしてのキャリアをスタートさせた解良さんは、
自らの愛車でミニカーレースに参加するようになりレースカーの仕事を求めて、
東京恵比寿にあった折懸スピードショップに移籍します。
そこで、折懸(戸坂)六三のコニリオ等のメンテナンスで
腕を磨く一方、自身も発売されたばかりの
軽フォーミュラでレース活動を始めます。


※写真提供:解良喜久雄


それが、当時タマチ工業株式会社が開発し、RQが販売を手がけていたニアルコでした。
解良さんは、自らニアルコに改良を加えたうえ、自身がドライバーとして参戦します。

写真は1970年5月3日のJAF GP フォーミュラジュニア・レースの模様。
ニアルコ(スタッグSPL)をドライブする解良さん。

15周で争われたこのレースで、解良さんは堀雄登吉のオトキチSPL
風戸裕のリバイスSPLに次ぐ3位入賞を果たします。


解良喜久雄 風戸裕 1970 JAF GP
※写真提供:解良喜久雄

これはパレードラップでの写真でしょう。オープンカー(車種不明)の後部座席に乗る解良さん。右に見えるのは風戸裕。この貴重なカラー写真も、解良さんのアルバムから。


こうした実績を買われ、解良さんは1970年に折懸スピードショップから、
RQへと移籍を果たします。そこでレースカーのメンテナンス、チューニングを行う傍ら
(時にレーシングドライバーとしても出場)
レーシングカー設計者としてのキャリアがスタートするのです。

この解良さんの加入が、レーシング・クォータリーの
コンストラクターとしての転機ともなります。

(つづく)



追記)
ちなみにHTCC事務局さんの情報提供によって
折懸スピードショップの場所が判明しました。
(渋谷区恵比寿2-6-25:Googleで検索してみてください)

以前解良さんに送っていただいた写真と比べてみると面白いと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※過去の記事

ESSO RACING TEAM STORY 第1回




コメント
(↑↑↑ おッ すかすかお節で名を馳せたグルーポンだッ!……笑)

なんてことはさておき、ニアルコはなかなか本格的なフォーミュラカーでしたね。
ここで、ひとつ疑問を。
JAFの公式サイトのリザルトでは、スタッグSPLはシャシーメーカー名は「RQ」、シャシー型式は「Augusta」となっています。どういうことなんでしょうね?
http://www.jaf.or.jp/CGI/msports/results/n-race/detail-result.cgi?mode=detail&race_id=1743&no=29

小生は先輩が堀雄登吉さんのところでアルバイトをしていた関係で、オトキチSPLの最終仕上げをしていた小金井のホンダ・ショップに遊びに行き、当時規定されていたイグニション・スイッチは黄色い三角でペイントする作業を手伝わせていただき、そのマシンが勝ったことを誇らしく思ったことがありました(笑)。
  • Mallory
  • 2011.01.18 Tuesday 15:15
またまた懐かしい写真ですね。この年のGPはBT30を駆ったJ.Stewartが優勝し選手宣誓では生沢選手が。。。。。。
私はヘヤピンで写真を撮っていました。
住所:渋谷区恵比寿2-6-25ですか…。
僕が行っていたのは、この住所近くの明治通り沿いにあった頃。
(渋谷から並木橋を超え300mくらい行った処あたり)
その後、区画整理に合い武蔵小山へ移転し、その後現在の大田区へ。
ここ数ヶ月、オリカケさんとこに顔を出していないので行ってきます。

今から5年程前、濱先生の自宅で「Newコニリオ完成記念パーティー」があった時に折懸さんをサプライズ・ゲストとして濱宅へお連れしました。
  • BT16A
  • 2011.01.18 Tuesday 21:02
Malloryさん
確かにそうですね! 逆にこの頃のことに詳しい皆さんにお聞きしたいのですが、
アウグスタMk1ってどんなクルマだったのでしょう?
二アルコ=アウグスタMk1なのか?
解良さんにお聞きするのが一番でしょうねぇ。
ところでMalloryさんにそんなスゴい過去があったとは!
すごい! その話面白そうですねーーー!!
  • 藤原
  • 2011.01.18 Tuesday 23:48
lotus49fordさん
さすが皆さんスゴい、現場にいらっしゃいましたか……。
ちなみにお恥ずかしながら、僕はまだこの世にいませんでした。
  • 藤原
  • 2011.01.18 Tuesday 23:49
BT16Aさん
あ、この場所以外にも折懸スピードショップはあったのですね。
実は今日、とある当時を知る人物にお会いしていたのですが
この頃の東京は楽しそうですね。
折懸さん追加情報、お待ちしてます。
  • 藤原
  • 2011.01.19 Wednesday 00:13
(失礼しました、コメントを書く前には「グルーポン」の広告があったんで……)
ニアルコとアウグスタのことは、もう少し調べてみます。

えへへ、小生は高校二年生でした。藤原さんはお若いんですねぇ。
RQのお話し、もっと続けてください。楽しみにしています。
お洒落なレーシング・ショップといえば、RACING MATEも欠かせないですね。

堀雄登吉さんの話しも面白いですよ。三鷹の線路脇の土蔵でオトキチSPLを作り、完成したら蔵の扉よりトレッドが広くて出せなくなったとか……。
このあたり(↓)に詳しいです。
http://homepage2.nifty.com/ATG/otokichi-07.html
  • Mallory
  • 2011.01.19 Wednesday 01:28
Malloryさん
グルーポン、僕の時は出てこないんですよねー。
あ、話がずれました。
アウグスタMk1=ニアルコ? の謎解き、何かわかったらお願いします。

それにしてもオトキチSPL、蔵の中で作っていたのですね! 驚き!
こうして皆さんの情報を集めて行ったら、
これまでにない日本のレース史が纏められるような気がするんですよ。

RQの話はまだまだ続く(これからが面白いです)ので
暫しお待ちを。
  • 藤原
  • 2011.01.19 Wednesday 10:28
恐れ入ります、以前折懸さんに大変お世話に合っておりました、
中野と申します。
GB250初期型をメンテナンスして頂き、
色々なところも連れて行っていただきました。
約10年前でしょうか、忙しくなり、連絡が取れずに
約1年経過したのちに武蔵小山に伺ったら
「テナント募集」となっており、時間が有る時に
探していたら、このサイトを見つけました。

移転された先が大田区と聞き、自分も現在大田区に
住んでおり、是非とも伺いたと思い、勝手ながら
コメントさせていただきております。

よろしければ大田区の住所をご教示頂けましたら
幸いでございます。
  • なかの
  • 2011.10.05 Wednesday 18:32
なかのさん
初めまして。実は僕も折懸さんの住所までは存じ上げておりません。すいません。
今の住所は公表されていないのですよね?
  • 藤原
  • 2011.10.05 Wednesday 19:19
藤原様
コメントありがとうございます。
お店を大田区に移転されてのだと解釈して
お聞きしました。
自分が知っていたのは、武蔵小山の
お店の電話のみでしたので・・・
大田区のお店をご存知でしたら、
ザックリとでも良いので、ご教示頂けましたら
幸いでございます。
  • なかの
  • 2011.10.13 Thursday 14:20
折懸さんの住所は存じ上げませんが最近の折懸さんの様子が下記Blogに載っています。

http://nortons.exblog.jp/12780995/
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM