<< 鮒子田さんとプリンスの秘話 | main | ESSO RACING TEAM STORY 第7回 >>
2011.01.26 Wednesday

ESSO RACING TEAM STORY 第6回

 


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



久々の再開となるESSO RACING TEAM STORYです。


エッソ石油がメインスポンサーとなったことで
いよいよ1972年シーズンのデビューに向けティーム作りがスタート。
ティーム名もESSO RACING TEAMと命名されることになりました。
併せて、新たに製作されたアウグスタMk3も商品名にあやかって
“ESSO EXTRA”という名前でエントリーすることになります。


もちろん、すでにタキ・レーシング・ティームをはじめとする
プライベートティームや、車名に○○スペシャルと、
企業スポンサー名を付けたものは存在していましたが
今で言うコーポレート・アイデンティティ(CI)や
ヴィジュアル・アイデンティティ(VI)を徹底した
一社独占スポンサーのレーシング・ティームは
日本で初めてだったと尾崎さんは述懐します。

「1社独占スポンサーで、企業カラーに塗装して、
 2カーエントリーというのは、日本初のことでした。
 エントリー車名も“ESSO EXTRA”にする徹底ぶりでしたしね。
 でもJAFやレース主催者達が、“エントリー名はマシーンの製造者名で
 なければ受け付けない。商品名を付けるなんてもっての外だ!”
 なんて馬鹿なことを言い出したんです。
 当時は貼るステッカーの数が決められていたりしたくらいですから。
まったく理解は無かったし、前例のないことは認めない雰囲気がありました。
 そんな事もあるだろうと、我々はメディアを味方に付けたんです。
 発表会に招いて、ちゃんとプレスリリースを作って配って……。
 そうしたら彼らはちゃんとレース前の出走予定記事に一斉に
 “ESSO EXTRA”と書いてくれたんです。
 それからティーム名にスポンサー名を付けることが当たり前のようになったんですね」

ESSO RACING TEAM アウグスタ Mk3 ESSO EXTRA
当時作られたESSO RACING TEAMのロゴマーク。
販促用のステッカーも「何枚撒いたか分からないほど作った」そうだ。
資料提供:尾崎郁夫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は、ESSO RACING TEAMがメディアを味方に付ける戦略を
採ることが出来たのには、もうひとつの理由があったと、尾崎さんは言います。

「当時はレースオーガナイズをする
 JAF公認クラブの活動が活発になり出した頃でしてね。
 RQCをはじめ、そんなクラブが集まって年6戦くらいのシリーズを
 開催するのですが、そのサポートをしてくれたのが三栄書房でした。
 それがAUTOSPORT TROPHY RACEなんです。
 で、僕はESSOのマネージャーであると同時に
 AUTOSPORT TROPHY RACEの事務局長でもあったんです。
 さらに東京レーシングカーショーの事務局もしてました。
 そんなわけでESSO RACING TEAMの事務局は
 設立当初から三栄書房の中にあったんです。
 MPSの渡辺さんとか、オートスポーツの井上さんとか同じ建物にいるわけですから
 今度ESSOが何やりますよ、なんて情報はパッと載せてもらえました。
 そういう意味では、上手くいく要素が全部結合してたと言えますね」

ESSO RACING TEAM アウグスタ Mk3 ESSO EXTRA

当時の尾崎さんの名刺。東京レーシングカーショーの会長が
石原慎太郎となっているのに注目! 
住所は最初は三栄書房の中で、その後(株)RQCを創り平河町へ移転。 
赤坂のTBS会館にあったESSOへ行き易いという理由もあった。
資料提供:尾崎郁夫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうして、1972年3月の東京レーシングカーショーで
ESSO RACING TEAMと、彼らの新しいFL500マシーン
“ESSO EXTRA"はデビューを飾るのです。
それは、これまでのFL500/360はもとより
他のカテゴリーのレースティームの概念を覆す
ティームの誕生でもありました。

(つづく)



ESSO RACING TEAM アウグスタ Mk3 ESSO EXTRA
1972年東京レーシングカーショーにて 展示された2台ともホンダ空冷エンジンを
搭載するため、フルカバーのリアカウルを装着している。
背景にはティームウェアも見える。 写真提供:尾崎郁夫

ESSO RACING TEAM アウグスタ Mk3 ESSO EXTRA
1972年大阪レーシングカーショーにて 隣は72年モンテカルロ3位入賞の240Z 。
(周りに埋もれないように、ステーの上にクルマを載せる演出にも注目)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※過去の記事

ESSO RACING TEAM STORY 第1回
ESSO RACING TEAM STORY 第2回
ESSO RACING TEAM STORY 第3回
ESSO RACING TEAM STORY 第3回補足
ESSO RACING TEAM STORY 第4回
ESSO RACING TEAM STORY 第5回



コメント
>他のカテゴリーのレースティームの概念を覆すティームの誕生でもありました

Oh!面白くなってきましたねぇ。

因みに「アウグスタMk3」は、友人が持っていたのを別の方が譲り受け、今でもその方が持っていると思います。
他、クラシックレースイベントなどで走っている車両もありますね。
  • BT16A 
  • 2011.01.26 Wednesday 14:50
BT16Aさん
貴重な情報ありがとうございます。
ゆくゆくは、現存するエッソ・エクストラの取材をしてみたいです!
  • 藤原
  • 2011.01.27 Thursday 23:18
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM