<< 2011 富士GC同走会 その4 | main | 追悼 ロン・ヒックマン(Ron Hickman) >>
2011.02.24 Thursday

ALL NEW CONTINENTAL GT

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



少々報告が遅れましたが、さる月曜の夜
新しくなったベントレー・コンチネンタルGTのプレス発表会にお邪魔してきました。


VW傘下となったベントレーが2003年に発表したコンチネンタルGTが
ラグジュアリースーパーGT市場で大ヒットを飛ばしたのはご存知のとおり。

今回、久々にフルモデルチェンジを果たしたコンチGTは、かつて
FLYING Bなるベントレー専門誌を作って、散々馴染んできたつもりの
我が目をもってしても「どこが変わったの?」と思わせるほど
ストレートなキープコンセプトで登場。デザイナーのロビン・ペイジ(写真右)曰く
全幅が拡大した事で、より自由なデザインができたとのことでしたが
たぶん、新旧ニューミニ以上に、その差を見つける事は難しいかも。

まぁ、得てしてヒット作の後継というのは、難しいものなのでしょうけど
個人的には2400万円オーバーのクルマである以上、もう少し斬新なトライが
あっても良かったのでは? と思いますが。

とはいえ、その中身は一昨年に発表されたスーパースポーツで、
先行投資(そういうことだったのね)された各種技術が
盛り込まれているそうですから、こちらは期待大。
なんか、VW傘下になって開発のペースも実にシステマチックになりましたね。

そんなベントレーの発表会で個人的にビックリしたのがコレ。


おおー! と思った人は鋭い。
この写真、新しいコンチGTのコックピットなのですが、なんと発表会に
展示されていた個体が右ハンドル仕様だったからなのです。

ん? 英国車なんだから当たり前だろ??

と思われるかもしれませんが、昨年のミュルザンヌも、それ以前の
スーパースポーツも、コンチ・スピードもなにもかも、発表会に展示される
クルマはもちろん、広報車もすべて左ハンドルというのが、
ベントレー・ジャパンの基本スタンス。
というのも、日本で販売されるクルマのほとんどが左ハンドル仕様だからなのです。

最初、その話を聞いた時は、未だにベントレーはUS仕様を手直しして
日本に入れているの? と思ったものですが、実は日本で買われる顧客の
オーダーが、左ハンドル指定なのだとか。

確かに幅の広い(今度のはミラー開状態で2227mmですぜ!)クルマ故
LHDの方が運転し易いとか、それまで乗っていたクルマと同じLHDの方が
慣れているとか、理由は色々あるんでしょうけど……。変なの。
ちなみに発表会のクルマがRHDなのは、たまたまなんだとか。
別室にはちゃんとLHDも飾られておりました。

数十年後、コンチGTがヒストリックカーになったときに
今のEタイプや各種英国車のようにRHDが珍重されるようになったりして。


ところで、イタリアの野口祐子さんからこんな悲しい知らせが届きました。

カー・マガジン352号より

復刻版ミッレミリアでの優勝をはじめとする、数々のヒストリックカー
レギュラリティランでの活躍や、ラリー用計測器“ボーラ”を製造する
Digitech社の社長であるルチアーノ・ヴィアロさんがお亡くなりになったそうです。

個人的に、過去数回カー・マガジン誌で彼のコラムを連載したときに
お付き合いがあったのですが、とても気さくなオジサマでした。
盆栽を趣味(!)とする親日家でもあったルチアーノさんは、
何度も来日されて色んなイベントにも出場されてましたから、
ご存知の方も多いと思います。残念です。

そして、さらに……

ALFA ROMEO TZ  ZAGATO-AUTODELTA-CONRERO 
The cars,The Race Results (Philippe Olczyk著)より

1950年代にスタンゲリー二のドライバーとして活動したり
1967年のモンザ1000kmでアルファ・ロメオTZ2(750 106)をドライブした
リカルド・ディ・ボーナさんもお亡くなりになったんだとか。

ご冥福をお祈りします。






コメント
ルチアーノさんの突然の訃報驚きました。
ご自身でボーラ作ってたんですね、道理で・・・納得です。
ニューコンチますますナンバー1ホストカーの道まっしぐらですね。
  • エスロクレーサー
  • 2011.02.24 Thursday 10:09
エスロクレーサーさん
そう。カーマガの連載は日本でのボーラの販促活動なんでした(苦笑)。
いいオジさんでしたけどね。
あとナンバー1ホストカーっていい響きだなぁ(笑)。
  • 藤原
  • 2011.02.24 Thursday 10:20
「ホストカー」っていうのは(「ホステスカー」でもいいんだけど……)、ベントレーのゆユーザーのかなりの部分はホストさんか、ホステスさんだからなんですよ。
お店のお客様に買っていただくんですね。ですから、「ガイシャ」に見えるようにLHDが殆どなんです。「パパ」だか「ママ」だかのご意向が入ってしまうのですね。
(この発言、問題があったら削除してください)

ルチアーノさんの訃報には驚きました。おいくつだったんでしょうか?
ヒストリックカー・ラリーでは、何回かお見かけしました。ボーラを奨められましたが、とても手が出なかったですね。R.I.P.
  • Mallory
  • 2011.02.24 Thursday 14:42
Malloryさん
発言、良いんじゃないでしょうか(笑)。
でも実はベントレーに限らず、ジャガーもアストンもレンジも
そういう傾向があるらしいですね。
もう少し豊かだと(いろんな意味で)思ってたけど
意外とこの国、浅いなーというのが、個人的に正直な感想でございます。
コンチは良いクルマなんですがね。
でも僕が欲しいのはブルックランズです。



  • 藤原
  • 2011.02.24 Thursday 14:48
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM