<< イタリアの部品市で幻のフルヴィア・プロトを発見! | main | GROUP C RACING 開幕戦 ドニントン >>
2011.05.09 Monday

ESSO RACING TEAM STORY 第26回

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



―― ESSO RACING TEAM STORYは、1970年台の初頭に
東京・青山の片隅で、真剣にF1を夢見て集まった若者たちの情熱の物語です。



【3Kユニットを搭載したGRD F3

前回、TMSC-Rのエースであり
1973年シーズンからESSO RACING TEAMの一員として活動した
高橋晴邦さんのインタビューをお送りしましたが
古いAUTOSPORT誌(三栄書房刊)にこんな記事を見つけました。

AUTOSPORT 1973 5/15より

巻頭のカラーページで2Pにわたり紹介されていた記事のタイトルは
「GP 照準! 2リッター・セリカがフル稼働
 3Kエンジン付きGRD・F3も初試走」


そこに掲載されていたのは、真新しいGRD 372 F3をドライブする
高橋晴邦さんの姿。
記事によるとエンジンテストが主目的で、タイムは1分33秒台だったとか。
GRDもトヨタが3KをFJ1300用に転用するにあたり、
テスト用として購入したものとあリ、GPにはRQとヒーローズに
3Kを貸し出し、トヨタとしての実戦投入の意志はないとあります。

この件について晴邦さんに伺ったところ

「記憶では、ノバに3Kエンジンを貸し出す前にテストをしなくては、
 とのことだったと思います。
 綱島には、もう、当時の担当者はいないと思います(年齢的にも!)。
 現在のスタッフで知っているとすれば川幡メカニック
(2005年に僕とラグラセカに行ったトヨタ−7の担当メカ)
 くらいだと思いますが、彼も既に定年になったかも……」

とのお返事が。

いずれにせよ、日本GPに投入するセリカとともにテストをするなど
当時のトヨタが本格的にFJ1300用の3Kに取り組んでいた様子がうかがえます。

となると、トヨタのワークスエンジンが市井のプライベーターに
貸与されることになった経緯について、当時の綱島の関係者の皆さんに
取材する必要がありそうですね。

ところで、このトヨタの購入したGRD372は一体どこへいったのでしょう?
当時寺西孝利さんが、FJ1300にGRD 372 A12で参戦していますが
これは英国で前年に桑島正美さんがドライブしていた個体でしたからね。

トヨタがこの手のテスト車輛を中古で購入するとは考えにくいですし……。
もしかして一度も実戦に投入される事なくスクラップとなったのでしょうか?

(つづく)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※過去の記事

ESSO RACING TEAM STORY プロローグ1
ESSO RACING TEAM STORY プロローグ2
ESSO RACING TEAM STORY 第1回
ESSO RACING TEAM STORY 第2回
ESSO RACING TEAM STORY 第3回
ESSO RACING TEAM STORY 第3回補足
ESSO RACING TEAM STORY 第4回
ESSO RACING TEAM STORY 第5回
ESSO RACING TEAM STORY 第6回
ESSO RACING TEAM STORY 第7回
ESSO RACING TEAM STORY 第8回
ESSO RACING TEAM STORY 第9回
ESSO RACING TEAM STORY 第10回
ESSO RACING TEAM STORY 第11回
ESSO RACING TEAM STORY 第12回
ESSO RACING TEAM STORY 第13回
ESSO RACING TEAM STORY 第14回
ESSO RACING TEAM STORY 第14回追記
ESSO RACING TEAM STORY 第15回
ESSO RACING TEAM STORY 第16回
ESSO RACING TEAM STORY 第17回
ESSO RACING TEAM STORY 第18回
ESSO RACING TEAM STORY 第19回
ESSO RACING TEAM STORY 第20回
ESSO RACING TEAM STORY 第21回
ESSO RACING TEAM STORY 第22回
ESSO RACING TEAM STORY 第23回
ESSO RACING TEAM STORY 第24回
ESSO RACING TEAM STORY 第25回

※ブログ右端のカテゴリー欄に
ESSO RACING TEAM STORY を追加しています。
過去の記事はそこからもご覧頂けます。


※モータープレスでは、ESSO RACING TEAMはもとより
往時のレースシーンにまつわる皆様からの情報をお待ちしております。
コメント欄に載せたくないもの、または画像を添付したい
といった情報については、今後 

motorpress.jp@gmail.com

まで、メールにてお寄せください。
基本的に受信専用のアドレスのため早急なお返事ができない
可能性もありますが、どうぞよろしくお願いします。







コメント
GRD 372は高武選手も乗っていましたね。
lotus49fordさん
そうですね。高武号=寺西号なんですかねぇ?
この欄でお馴染み、Bobさんの回想によると、
トヨタのGRDはそのままお蔵入りしたのでは? とのこと。
当時の生沢さんとトヨタの親密な関係(ヨーロッパの足はセリカだった!)
を思うと、その線で入ったクルマじゃないか? という説も。
  • 藤原
  • 2011.05.09 Monday 20:42
そのGRDは20年ほど前に名古屋港外の鈴商という外車屋さんにありました。
  • chro
  • 2011.05.09 Monday 21:10
藤原さん

高武号=寺西号はないと思います。
高武選手はRSC契約ドライバーでしたから、RSC以外で乗る事が出来た車はワールド・ホンダのマシンだけでした。
1971年秋、RSCで高武選手のティームメイトだった木倉義文選手が、ローラT290を買い付ける為にイギリスヘ旅しています。
その際、木倉選手はロンドンの生澤選手を訪ねたそうです。
GRDと深い関係にあった生澤選手を介して、高武選手がドライブしたとされるGRD372が導入されたとしても不思議ではないでしょう。
寺西孝利さんは日産自動車自販ティーム契約ドライバーで、歳森康師選手と共にSCCN大阪を取仕切っていました。
Ex.桑島GRDならSCCN絡みで手に入れたのでしょう。
4人の方達は、素晴らしい2輪ライダーであり、そしてレーシングドライバーでした。
不幸な事故で選手生命を絶たれてしまった歳森選手が、その後も活躍を続けていたら、それは物凄い記録を打ち立てたと思います。残念です。
  • Bob
  • 2011.05.09 Monday 22:57
chroさん
鈴商にあったのですかGRD! 場所的にもビンゴ。トヨタ放出車なのですね。貴重な情報ありがとうございます。今も誰かがお持ちなのでしょうか? それとも数年前にヤフオクに出てた、九州のGRDがそれかしら?
  • 藤原
  • 2011.05.10 Tuesday 20:51
Bobさん
これまた貴重な証言ありがとうございます。確かに桑島ー寺西ラインは日産繋がりですね。ということは、EX桑島、EXトヨタのほかに、高武さんのと計3台のGRD 372があったってことでしょうか? うーん。
  • 藤原
  • 2011.05.10 Tuesday 20:53
高武選手と寺西選手は同時期にレースに出ていますのでGRD 372でも別個体のはずです。さらにJAFのサイトで調べたところ1973年のオールスターレースで 横尾 保選手がA12エンジン付きのGRDで出走しています。これは寺西選手のマシンでしょうか?
lotus49fordさん
なるほど。つまり寺西(サニー)、高武(シビック)、トヨタ(カローラ)と
3種類のエンジンを積んだ273が日本にあったということなのでしょうね。
いやぁ、まさか273でこれだけ盛り上がれるとは(笑)。
  • 藤原
  • 2011.05.11 Wednesday 22:22
1973年のオールスターレースで 横尾 保選手がA12エンジン付きのGRDで出走しています。これは寺西選手のマシンでしょうか
そうです。私が耳の遠い寺西さんの為英国まで桑島正美さんのところへ引き取りに行きました。
1973年のオールスターレーはA12エンジンをGRDにマウントするために、私も手伝いました。
エンジンンは当時大阪の伸洋オートサービスチューニングで6500rpし回らずノーマルエンジン
の方が回ったと思います。おまけにヘヤピン手前でエンジンストール・・原因はデスビの
ローターが空転・・取り替えて再走5位でした。
私がサポートして5戦4勝させた71年の寺西孝利さんのトランスニスとストッかー一番悔しい
のは輸出用のクラッチ部品が入手不可で仕方なく鈴木誠一東名サニーを勝たせた筑波のレースでした。 見崎選手ごめなさい・・でした。時効ですね。
歳森さんの息子さん行員で・・なんと晴邦んの会社の担当だそうです。
歳森さん、桑原彰さん、桑島さん、林将一さん、林みのるさんや、日産の方がた
砂子義一さん、高橋国光さん、先週もみなさん、お元気でした。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM