<< ニューイヤーミーティングに向けて準備あれこれ…… | main | GOODWOOD REVIVAL 2012 DVDなどなど…… >>
2012.01.26 Thursday

幻のマクランサ・シェブロンのつづき

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



先日、このモータープレスでご紹介した幻のGCマシーン、マクランサ・シェブロン。

(AUTOSPORT 1973年 4/1号より:三栄書房刊)


その話題をフェイスブック上でも公開したところ
当時マシーンをデザイン/製作された張本人である、童夢の林みのる社長から
コメントをいただきました。

『確かにこんな話はあったけれど、この記事の車は全く覚えてないな。
 「くるま村の少年たち」の鮒子田のコーナーに私の書いたコラムがあり、
   その中に、当時、考えていたポンチ絵は掲載されています。』

『くるま村の少年たち』といえば、主宰の牧野弘文さんによる
1960〜70年代の日本のモータースポーツ・シーンに
スポットを当てたHPとして、皆さんご存知かと思いますが、
ここに書かれている鮒子田寛レーシングヒストリーは
本人監修だけあって、質実共に素晴らしい内容。
おそらく僕の知る限り一番詳しい鮒子田さんに関するジャーナルでもあります。

林さん執筆による鮒子田さんとマクランサ・シェブロンに関する
サイドストーリーは、ぜひ『くるま村の少年たち』を御覧いただきたいのですが、
それに合わせ、林さんが当時考えていたという“ポンチ絵”も送ってくださいました。



Drawing:林 みのる

コレがそのスケッチ。
確かに、件のマクランサ・シェブロンに通じるデザインスケッチですが
特徴的なのは、そのリアのスパッツ部分。

ウイングのステーが立ち上がるのに並行して、
リアに向かって導かれるインテークも描かれています。


当時のオートスポーツを読むと、スパッツ付きのリアカウルを採用したのは
リアタイヤまわりの乱流を防ぐための措置とあります。
ただその場合、ブレーキやオイルクーラーの冷却効率が落ちてしまうので
インテークを設け、左側からオイルクーラー、右側からブレーキ用のダクトに導くという
手法を採っているとのこと。


確かに最初に紹介した写真をよーく見ると、まだ右サイドは未完成で
リアタイヤが収まりきれずに露出しているのがわかります。
(さすがにこれでは、いくら当時のレースでも出場はできませんよね)

鮒子田さんの回想では「お金も払わずに作ってと頼んだカウル」ということでしたが
当時の記事を読むとボディ製作期間は2週間(!)、製作費用は40〜50万円だったそう。
もちろん現在と貨幣価値は違う事を考慮しても、トップカテゴリーのマシーンの
モディファイ費用としては破格の安値だったことには間違い無さそうです。

※このあと、フェイスブックに林さんからのコメントが寄せられたので追記しておきます。

「鮒子田のコメントにもあるように、
 なにしろ、二人とも徹底的にお金が無かったから、
 ほぼタダで作ろうと言うことで、ベニアとアクリルの曲げ加工のみで、
 直接、メス型を作ろうという苦肉の策アイデアですから、
 いわば、レーシングカーのカウルをいかに安く作るかをギネス登録するような話で、
 性能を高めるなんて事は二の次でしたよ。じっさい」

林さん、ありがとうございました。

さて、一方の鮒子田さんからは、こんな貴重な画像が送られてきました。


「オンワードのポスターと言えば、こんなのもありました。
    場所は富士のガレージです。
 クリエーターとカメラマンが居ての作品ですから、
 センスとクオリティは高いものと言えますね。
 雰囲気があって気に入っています。当然ですが、私が来ている服はオンワードです」

とは、鮒子田さんのコメント。
確かに今のものと違って、当時のコマーシャルには独特の上品さがありますよね。
(環境は今よりもっと恵まれていないはずなのに)
鮒子田さん、ありがとうございます。

来る2月19日に横浜のバン・プロジェクトで開催される
鮒子田さんが操るマシーンは、残念ながらマクランサ・シェブロンではないと思いますが、
こんな当時の話を聞きに会場に来るのも(果たしてそんな時間があるかどうかは別として)
面白いかもしれません。

ではでは。



コメント
ああこのAS、実家の本棚にありますわ。70〜80年頃まで近所の本屋さんに宅配願いしてましたから。多分全部揃っているはず。
表紙の写真だけでももう胸を躍らせていました。
当時のテレビが放送とかしていてくれたら・・・。
  • tamagoya
  • 2012.01.26 Thursday 15:23
tamagoyaさん
ホント、そう思いますねぇ。まぁそういう意味ではtamagoyaさんの動画は非常に貴重なんですけどね!
  • 藤原
  • 2012.01.26 Thursday 20:30
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM