<< なんともエンスーなLEGO | main | ラジオ石巻での、イタリアの巨匠たちのメッセージの放送時間。 >>
2012.03.16 Friday

3.11 石巻へ 〜 イタリアの巨匠からのメッセージ その4

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



再びラジオ石巻に届けられたイタリア自動車界の巨匠たちからの
「3.11」に想いを込めたメッセージをご紹介します。

Sandro Munari
サンドロ・ムナーリ/ラリードライバー


昨年日本を襲った震災のニュースは、世界中の人々へも深い悲しみとともに広がりました。
我々の運命は神の手に委ねられています。しかし今回の災害が引き起こした大惨事は、
単に運命だけでは語れません。人間の側にも責任がありました。
地震のニュースを知ったとき、私はすぐに日本にいる友人たちのことを考えました。
メールを送って彼らの安否を確かめたところ、幸いなことに皆無事でした。
私は被災地の様子をテレビで目にしました。
大切な人を失った人々、苦労して築き上げてきたものを全て失ってしまった
人々の悲痛な姿がまだ私の頭から離れません。
その中で私が感銘を受けたのは、誰一人として困難に挫けず、
強い決意と意志をもってこれに立ち向かう姿です。
日本のみなさんはこれまでと同様、
他の国には見られない並外れた意志の強さを示されました。

私はこの11月に日本に行く予定ですが、
この機会に地震で亡くなった方々に哀悼の意を表し、
この凄まじい大惨事を耐え忍んだ日本のみなさんに賞賛の意を表したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サンドロ・ムナーリ  プロフィール
1940年3月27日ヴェネド地方出身、ストラトスと共に活躍したラリードライバー。1966年にランチアティームからWRC出場、翌1967年にはランチア・フルヴィアでイタリア・ラリー選手権を制覇する。1972年にはモンテカルロラリーで初優勝し、同年のタルガ・フィオリオでもフェラー リ312PBを操り見事優勝。ストラトスに関しては開発当初から開発ドライバーを務め、ストラトスを万能のラリーカーに育て上げた。1974年から1976年までランチアのWRC3連覇に大きく貢献し、1974年、1975年、1976年 のモンテカルトラリー、ハッタトリックの偉業を成し遂げた。しかし1978年ストラトスのワークス活動停止を機に第一線から退いた。




Arturo Merzario
アルトゥーロ・メルザリオ/F1ドライバー

3月11日は私にとっても大切な日です。
実は、私は69年前のこの日、3月11日に生まれたのです。
そして私は今年、ドライバー歴50周年を迎えます。
私の日本への思い出は1976年に遡ります。
その時私は初めて日本を訪れ、富士スピードウェイでウルフ(ウィリアムズ)
のマシンを操縦しました。
日本滞在中、私は東京、京都、大阪など、たくさんの街を訪れました。
日本のみなさんが大変礼儀正しく、几帳面であったことを今もよく覚えています。
地震と津波が起こった3月11日は、日本のみなさんにとって
深い悲しみの日となってしまいました。
この日、多くの方々が被災されたことを思うと、とても心が痛みます。
震災にあわれた方々に、早くもとの生活が戻りますよう、心からお祈りいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アルトゥーロ・メルザリオ  プロフィール
1943年生まれのレーシングドライバー。1960年頃からレース活動をはじめ1967年からはアバルトのワークスドライバーとして活躍。そして1970年からその才能が認められフェラーリ・ワークスに加入する。そして1972年にはフェラーリからF1デビューするも、マシンの不調に苦しみ(最高位4位)、73年いっぱいでチームを離脱。ウィリアムズ、フィッティパルディなどの弱小チームを渡り歩いた後、1977年に自身のF1チームを設立した。現在もヒストリックカーレースに出場するなど、現役を貫いている愛すべきレース人。
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM