<< 3.11 石巻へ 〜 イタリアの巨匠からのメッセージ その3 | main | 3.11 石巻へ 〜 イタリアの巨匠からのメッセージ その4 >>
2012.03.15 Thursday

なんともエンスーなLEGO

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


イタリア自動車界の巨匠たちからの「3.11」メッセージリレーが続いてますが
ここらでちょっと小休止。

先日のこと。家族で買い物で近所に出かけたときに
子供がオモチャ売り場で目ざとく見つけたのがコレ。


レゴ シティ タウン 4WDバイクキャリアー

ディスカバリー風のSUVがモトクロッサーを載せたトレーラーを牽引するという
なんともマニアチックな商品。
「これ、2012年の新商品なんですよ!」
と、すかさず切り込む店員さん。はぁー。そーきますか。

でもこれを見た子供の目はもうキラキラ☆。
路上でハイドロを全部漏らして座礁したシトロエンのごとくテコでも動かない
雰囲気でしたので、誕生日プレゼントの前倒し(←結局そんなことはないけど)で
買わされてしまった(グリーンジャンボ買いたかったのに……)。


でも、ちょっとモディファイされたグレーと赤のツートーンのSUVといい
工具箱やらヘルメットやら、KTM風のバイクを積んだトレーラーといい
つなぎ? を着た人形と良い、確かに男の子のツボをしっかりと押さえてらっしゃる。

そもそも実社会にこういう文化というか、遊びが根付いていない限り
こういうオモチャは出てきませんよね。
そこが実はトミカとの決定的で深〜い差だったりもして。


トレーラーの工具箱の中にはちゃんと工具も入ってるし、
タイヤ交換して遊んだりもできる。
もちろんレゴだから、これをベースに全く違うモノを創造できたりもするわけで、
完全に型にハマりこませないギリギリのさじ加減は相変わらず絶妙。

しかも時間をかければ4歳児でも自分で組み立てられるし、
その分の達成感もガッツリ味わえる。
なんでも与えるだけじゃなくて
子供に自分で考えさせる大事な部分をしっかり残してる辺りは
さすが“外国のオモチャ”。よく出来てる。


ちゃんと付属のフルフェイスを人形に被せることもできて
ウイーン、ウイーンと唸りながらモトクロスごっこも出来る仕組み。
なんだ! すっごい楽しそうじゃんか!!

いやーお父さん、久々にマイッタ(苦笑)。


マイッタついでに頭の中にはこんな残像が浮かんできたりして……。


イカン、イカン。ヴィンテージ・ランドローバーを手に入れて
ヒッチつけてトレーラーを引っ張りたいなんて妄想するのは危険すぎる(笑)!


そういえば、今度の日曜日は袖ヶ浦フォレストレースウェイで
サイドウェイトロフィーの開幕戦が開催されるそうですね。

去年久々にエスロク君で走ってみましたが、あの英国調のコースで
サイドウェイの面々がレースをするのは画になるでしょうねぇ。
見に行きたいなー! 仕事が終わっていればという高いハードルが控えているけれど。

ではでは。


コメント
レゴと言えば
http://www.youtube.com/watch?v=zNRBWOBTLCw
見ました?レゴは無限の可能性ですね。
※水色のクラシックランドローバーにはちょっとグッっと来ました。
  • elan+2
  • 2012.03.15 Thursday 11:22
elan+2さん
返事遅くてすいません。
グッと来るでしょう?? どーすか葉巻も一緒に(笑)!
  • 藤原
  • 2012.03.24 Saturday 00:06
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM