<< HONDA RA300 = LOLA T90 ?? | main | ル・マンに向けて順調そうですよ! >>
2012.04.13 Friday

桜吹雪とベントレー・コンチネンタルGTC

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



今週はアップできないかも〜? といいつつ
実は毎日アップしているオレ。
ということは、どっかにそのしわ寄せが来ているという証拠でも
あるのですが、気づかなかったことにしょう。見なかったことにしよう。


閑話休題。
昨日はお昼から、永田町のザ・キャピトル・ホテル東急へ。
ベントレー モーターズ ジャパンさんからのお誘いで、
2012年モデルのベントレーに試乗して参りました。

昨年の春にも、フルモデルチェンジを果たした
コンチネンタルGTに試乗させていただいてますし、
夏には鮒子田さん、見崎さんとともに、GTとミュルザンヌに
試乗させていただいているのですが、
コンバーティブルモデルである新しいGTCをドライブするのは今回が初めて。
しかも露出する媒体もないのに呼んでいただけるなんて嬉しい限り。しくしく。


今回ドライブしたのは、Hallmarkというグレーメタリックが渋いGTCで、
Naim for Bentleyのプレミアムオーディオやら、ペイント仕上げの
21インチツーピースアロイやら、高価なオプションてんこ盛りの1台。


さて、今回の試乗車。
この写真を見てお気づきのように、RHDのUK & EU仕様なのです、これが。

確か、昨年乗った白いGTの広報車もRHDで驚いた
(ベントレーの広報車ってLHDが多いのです)記憶がありますが
個人的にはRHDの方がしっくり来る気がするのですよ。

昨日は絶好のGTC日和という感じでしたが
都内をソロソロRHDで乗っていると、意外にも1943mmという車幅が
あまり気にならずストレスフリーでドライブできるんですよね。

ま、巷では新しいV8ユニットを搭載したコンチネンタルGT & GTCが
話題ですが、個人的にはこのW12の雰囲気、捨て難いなぁと改めて実感した次第。

ほら、エコだなんだって風潮も確かに分かりますが
どーせガソリンを燃やすのに変わりがないのなら、
幸せに爆発させた方が、良いと思うのですよ。
そういう意味でも、このW12は理想的な内燃機関のひとつ。

アクセラレーターに軽く足を乗せただけで、
フフフンと自然に笑みが出て、
なんか豊かになるクルマなんて、そうあるもんじゃありませんぜ。


いやぁ、締め切りで殺伐としたなか、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

でも、試乗会場にあったバーキンスペシャルのミニカーについつい
目がいってしまうのは、悲しい性でもあります。

ではでは。

コメント
ことしのGoodwoodのBohnamにはBirkin splが出るんですってね。
  • portago
  • 2012.04.14 Saturday 09:27
portagoさん
あ、本当だ(今頃HPで確認したり)。いったい幾らで落ちるのか? それとも落ちないのか?? ある意味たのしみ。
  • 藤原
  • 2012.04.22 Sunday 10:37
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM