<< LSCR筑波走行会 | main | Team Ikuzawa 活動報告@LSCR走行会 >>
2012.04.21 Saturday

40年ぶりのラインダンス!

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



昨日のこと、ESSO RACING TEAMマネージャーであった尾崎郁夫さんの呼びかけで
約40年ぶりに当時のメンバーが集まり、ESSO RACING TEAMの同窓会が開催されました。

これまでこのモータープレスで不定期連載してきましたが(更新なくてスイマセン)、
ESSO RACING TEAMは、1972年に東京 青山にあったレーシングクォータリーを母体に
ESSOのフルスポンサードを得て、FL500&FJ1300に参戦したプライベートティーム。

それは大企業がプライベーターを全面支援する
レーシングティームの先駆けでもありました。

そんなESSO RACING TEAMの物語を調べようというきっかけになったのがこの1枚の写真。


1973年8月12日に開催された鈴鹿グレート20ドライバーズレースの後
鈴鹿サーキットのレストラン前でティーム全員で撮影されたラインダンスの写真。
撮影をされたのは、当時オフィシャルカメラマンを務めていらした

現在、猪口さんは東日本大震災のルポをされているため、残念ながら
参加できなかったのですが、せっかく約40年ぶりに再会したのだから……と
撮影されたのがこの写真!


約40年ぶりのESSO RACING TEAMの面々によるラインダンスです!

では今回のメンバー(敬称略:肩書きは当時)を左からご紹介しましょう。

解良喜久雄(RQCエンジニア)、由良拓也(デザイナー)、尾崎郁夫(RQCマネージャー)、
嶋田豊(ESSO宣伝課長)、高橋晴邦(ドライバー)、高津信子(ESSO宣伝課)、
鮒子田寛(ドライバー)、西尾直毅(ESSO宣伝課) 、宮坂宏(RQCメカニック)、
佐藤義人(RQCメカニック)、田中功(ESSOイノベーション)

どうです? ものすごい豪華なメンバーでしょう!
まだ皆さん20歳代から30歳代前半だった頃に、本気でF1に行ってやろう!!
世界に飛び出してやろう!! としていたわけですから
(そしてそれぞれのアプローチでそれを実現されたわけですから)
改めて情熱的で面白い物語だったと実感した次第。



2時間あまりの同窓会でありましたが、40年ぶりに掘り起こされる話
40年ぶりに明かされる秘話! など、タイムスリップするかのような
楽しい時間を過ごせました。皆さんありがとうございました。

それにしても1972年に生まれたレーシングティームの話を
1972年に生まれたボクが、ひょんなことから取材してきた……というのも
何とも不思議な縁だな……と(笑)。


そして、ESSO RAING TEAMには欠かせないキーマンのひとりである
由良さんが持参したファイルの中に収められていたものは!

この続きはまた来週!!

ではでは。




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM