<< DAIHATSU Fellow 7 その2 | main | RM AUCTIONS THE BRUCE WEINER MICROCAR MUSEUM >>
2013.01.31 Thursday

ESSO RACING TEAM STORY 第31回

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



このタイトルを見て、おや? と思われた方は相当なモータープレス通。
実はMP解説当初、1972年からFJ360、FL500、FJ1300に参戦した
伝説のプライベート・ティーム、ESSO RACING TEAMの物語を連載しておりました。

当時の関係者の皆さんにご協力いただき、知られざるストーリーを掘り起こしてきたのですが
昨今は主に僕のサボり癖で休載中。そんな体たらくを知ってか知らずか
先日お台場で見つけたダイハツ・フェロー7の資料を探しているときにこんな物を見つけました。

AUTOSPORT  1969年4月号(三栄書房 刊)

なんと、日本のプライベーターの草分けのひとつでもある、レーシング・クォータリーが
ESSO RACING TEAMのルーツともいえる、”チーム・レーシング・クォータリー(TRQ)"を
設立したという記事。故 山梨信輔代表を中心とした黎明期のメンバーが
青山にあったRQの前で写っている非常に貴重な写真付き。

AUTOSPORT  1969年5月号(三栄書房 刊)

さらに翌月の号には、グッドイヤー・レーシングタイヤの販売店として
店舗を拡大した時の姿も掲載されていました(コニリオやニアルコの広告も気になります)。
なにせ当時の青山のショップの外観の写真は少なく、
広告ながらこれは非常に貴重な資料といえます
(確かに今も残る建物とあまり変わっていませんね)。


なぜ急にそんな話をしたのかというと、1月27日にお台場で行われた
JCCA ニューイヤー・ミーティング会場内のN.Z Racing Sports Clubのブースで、
久々にアウグスタMkIIIに再会したからなのです。

実はこれも今回のNYMの目玉のひとつでありました。
会場にお出かけのみなさん、お気付きになりましたか??

N.Z Racing Sports Club代表である染谷さんが、このNYMにアウグスタMkIIIのカウルを
持ち込んだのは、2011年の時のこと(そのときの様子はコチラ)。
あの時は、1台分のカウルを見せてもらい、非常に興奮したのですが……。


な、なんと今回はカウル2台分。
しかも1台はシャシフレーム付き!
僕の連載休止を尻目に、アウグスタMkIII(当時のエントリー名はエッソ・エクストラ)の
レストアは着実に進んでいたのでした!


染谷さんいわく、このカウルが載せられているフレームは空冷用のモノだとのこと。

かつての連載の中で、デビュー戦となった’72年の日本GPから、ESSO RACING TEAMの
2台のワークスカーはそれぞれ、ホンダN360の4ストユニットと
スズキ・フロンテの2ストユニットの2種類を使い分けていたことはお話しました。

てっきりその2台はエンジンが違うだけで、フレーム自体はまったく同一の物と
思っていましたが、ちょうどカウルの後端の下に位置するフレームサイドにつく
半楕円状のフレームが空冷モデルの証。
水冷モデルはサイドにラジエーターが付くために、このフレームが付かないのだそうです。

AUTOSPORT 1972 5/1号付録 5th TOKYO RACING CAR SHOW(三栄書房 刊)

これはアウグスタMkIIIがデビューを飾った'72年の第5回東京レーシングカーショーの様子。
真ん中にあるのが、空冷仕様。左隣りが水冷仕様。
確かに水冷仕様はラジアスアームの付け根のところに、この半楕円のフレームがないですね!

いやぁ、散々当時の写真を眺めていたつもりですが、初めて気づきました。

AUTOSPORT  1972年 4/1号(三栄書房 刊)

確かにAUTOSPORT  1972年 4/1号の中の
「MACHINE  CONFIDENTIAL インボード・コイルの実戦マシン アウグスタ・マークIII」
(鷲尾基彦 解説)に載っている、青山の工場で撮影された製作中の
フレームの写真にも、この空冷用のフレームが写っていますね。


ちなみに日曜のお台場では、2台分のカウルが展示してあったと書きましたが
ご覧のようにノーズは水冷用(左)と空冷用(右)にカラーリングが
塗り分けられておりました。

いやーまだまだ勉強不足ですね。
今年は、ESSO RACING TEAMが短い活動に幕を降ろしてから
ちょうど40年にあたる節目の年ですから。
なんとか纏めないと(会う人みんなに言われます……)!
染谷さん、ありがとうございました!!

ではでは。




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM