<< 野口祐子 From Geneva その2 | main | 童夢の野望 >>
2013.03.18 Monday

野口祐子 From Geneva 最終回

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記



こんにちは。
ミラノ在住のジャーナリスト兼スーパーコーディネーターの
野口祐子さんによる第83回ジュネーブ国際モーターショーのレポートもいよいよ最終回!
今日は舞台裏の小ネタを……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


フェラーリと言えばランボルギーニ。ここにも人だかりが。
そう、ランボルギーニ50周年記念モデル、VENENOのお披露目。


3台限定300万ユーロとのこと。
世の中探せばこのクルマを欲しいという人、3名は居るだろう……


ただ、”ミニカー製造会社の方は大変だろうな〜、このデザインを忠実に起こすのは”
これが私の一言感想。
 
新車に関しては他でいろいろと報道されていると思うので、
私はプレスキットに関してお話をしたい。
5〜6年前まではモーターショーのプレスデイには大きな袋、
大きなキャリーバックを持って行かなければならなかった。
なぜなら、プレスキットが重いのである。
会場を回り終えるくらいには、沢山のプレスキットの山で肩、腰が痛くなる。
歩くどころではなくなる。なので、皆キャリーをゴロゴロさせながら会場を闊歩していた。


ところが! 3〜4年前から重たいプレスキットがCDへと変化して行った。
そしてそれからUSBを渡されるようになり、
今では名刺カードを渡されここからダウンロードしてください……というメーカーが多い。

何と味気ない。

昔は各メーカーの紙物のデザイン性をも感心しながら眺めていた。
それなりにメーカーも紙物に関しても力を入れていたと思う。
そこにもメーカーの心意気が感じられた。
クルマ同様、五感でプレスキットを味わえた。
勿論視覚、パラパラとページをめくる音、紙の質感、インクの匂い、その他。
でも今は遂に、プレスキットまでも……。
 
そんな中、私が集めた数少ないプレスキットをお見せしたいと思う。
私の中でもヒットは……
 

USBなのだけれど頑張ったランボルギーニ! USB入れがVENENOV。ちょっと心が動く。


イタルデザイン!これは心に刺さった。USBがノートに!
カッコイイ。しかもただのノートではないのである。


アウディもシトロエンも昔のプレスキットのにおいがする……。
 

USBと首かけ紐ユニットになっている場合が多い。便利と言えば便利だけれど。


またUSBがオシャレで高級イメージのシルバーのステンレスになている場合も多い。
でもこれも今では誰でも作っている、もう少し各メーカー工夫してほしい。


例えば、トゥーリング(上)にはインテリアのシートのレザーがちょっと付けていた。
それだけでも他社との違いが出る。
 
La FerrariのプレスキットはB5くらいの用紙が用意され、いつもの”ダウンロード”だった。
期待していたのに……
勿論、この車を購入する499名の選ばれた人たちには、
ドキっとさせるくらいの紙物資料も用意されているだろう……。
 

そうそう、ピニンファリーナもカギがモチーフになっていて洒落ていました。
ではこの辺で、さようなら。
 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM