<< R.I.P. Denis Welch | main | Villa Erba からの手紙 >>
2014.08.04 Monday

Jaguar XJR series

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


こんにちは。
またまたご報告が遅くなりましたが
今月発売のRacing on誌(三栄書房 刊)でも
モナコ・ヒストリックの記事を書かせていただいております。


これでモナコ関係の記事は打ち止めって感じですかね?
いろいろ露出にご協力いただいた媒体の皆様、ありがとうございます。
是非再来年は、これを契機に皆さんも観戦にお出かけください。
見て回るという意味では、本家F1モナコGPより自由度も高いので面白いと思いますよ。


そんな今月のRacing onには、グッドウッドを走ったMAKI F101の
シェイクダウンの模様も掲載されていましたね。
本当は広島でのシェイクダウンも見ておきたかったのですが
ちょうどイタリア放浪中のタイミングで、伺えませんでした。

その代わり、次号のRacing onでは
グッドウッドの模様をご報告させていただければと思っております。


さて。表紙でお分かりのとおり、今月のRacing onはジャガーXJRシリーズ特集。
これまで色んな媒体で、ポルシェ956/962やマツダ787Bなどが特集されていますが
TWRジャガーだけの特集というのは、前代未聞では(少なくとも日本で)なかろうか。

ちなみにこちらは、今年のル・マン24時間で見かけた1991年仕様のXJR-12。
ターボカーXJR-11の信頼性がいまいちだったため、ル・マンなどの長距離レースで
使われたV12 NA仕様であります。
個人的にこの91年のパープルカラー、嫌いじゃないです。


幸運にもパドックで、XJR-12の中身を仔細に観察するチャンスもありました。ムフ。
これは91年だから、シリーズ最大の7.4リッターに拡大されたV12ですね。


そしてコックピット。メーターを含めて結構アナログなんですよね。
たぶん手前に見える後方確認用のモニターが後付けされてる以外は
オリジナルの状態をキープしているかと。


この個体のシャシーナンバーは、TWR J12C 891。
デリック・ウォリック/ジョン・ニールセン/アンディ・ウォレスが
ドライブして91年のル・マンで4位に入った個体であります。

余談ですが、このXJR-12のオーナー氏は超ド級のCカー・コレクターでありまして
思わず目玉が飛び出そうになるような(言えない!)スゴいクルマを持ってました。


そしてこちらは、今年のグッドウッドFOSで見かけた88年式のXJR-9LM。
ゼッケン2番ということは、この年のル・マンを制した
ヤン・ラマース/ジョニー・ダンフリース/アンディ・ウォレス組の
シャシーナンバーTWR J12C 488のはずなんですけどね。
すいません、確認できませんでした。


こうして見ると、XJR-12とほとんど意匠が変わっていないのが分かりますね。
しかしながら、この中に閉じ込められて夜のル・マンを走るのは勇気いるだろーなー。


残念ながらシャシーナンバーは助手席側のドアの内側に付いているために
確認できなかったのですが、カーボンモノコックのサイドシルに
なにやらこんなナンバー入りのプレートが。

86.TWR.0094 って読めますね。86年に作った、もしくは認証を取ったとかいう意味でしょうか。
だれか教えてください。


無論、この貴重なXJR-9LMをドライブしたのは、アンディ・ウォレス御大。
いつもグッドウッドで逢うと、眉間に皺をよせて難しそうな表情をしてるので
近付き難かったんですが、カメラを向けたらこんなスマイル。
なんだ、いい人じゃん(←単純)。

ではでは。





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM