2011.02.01 Tuesday

2011 JCCA ニューイヤーミーティング その1

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


おはようございます。
アウグスタMk3ショック醒めやらぬ……といった感じですが
今日は去る日曜に東京 お台場で開催された
JCCA ニューイヤーミーティング(NYM)の模様をお届けします。

お恥ずかしながらここ数年、コンクールデレガンスの審査員なるものを
務めていた関係で(その数年前はずっと取材班でしたしね)、
このイベントをお客さんとしてじっくり見るのはこれが初めて!
いやぁ、ものすごいお客さんだったし、色んな掘り出し物があったし
面白いイベントでしたねー。


そんな今年のテーマはホンダ車。人気のあるメイクスだし、マニアも多いので
コンクール参加車は多いかな? と思ってましたが、そうでもなかったみたい。あれ?


でも、お馴染みホンダ ツイン カム クラブさんのブースは花盛り。
なんといっても目玉のひとつがこれ!
カロッツェリア・ワタナベがS600をベースに製作した
スペシャリティカー、グリフォン!
なんでも5台製作(1台はS800ベース)されたうちの1台だそう。

確か1970年の東京レーシングカーショーに出品されたほか
モービル石油のキャンペーンカーとして“フライング ペガサス”という名で
CMなどにも使われたりしました。そういう意味ではESSOとは
違うアプローチで面白いですね。

(クリックでポップアップします)

確かテールレンズはサニーの流用だったと思いますが
今見ても素晴らしいフィニッシュを誇ります。
カーキ色のコーダトロンカ・ボディが’70sっぽくって素敵。

(クリックでポップアップします)

センターコンソールにはエスの面影が残りますが
厚手のパッドとウッドをあしらったインパネのデザインは
なかなかモダン。

(クリックでポップアップします)

ノーズにはしっかりデザインされたエンブレムも備わります。
このグリフォン、当時としては非常に珍しい公認車輛でもありました。
しかし、価格が高価すぎて5台のみが世に出ただけで終わったのです。

まぁ、煩いだけの日本の法規の前では、海外のような
コーチビルダーが育つ余地はなかったのかもしれませんが。


さらにお馴染み杉田さんのロッドベンダース・カラーのマクランサ

本格的なFRPモノコックのレーシングマシーンを作ろうとした
林みのるさんが第3回日本GPに向けて、製作したものでしたが
結局FRPモノコックは実現せず、エスのシャシーにボディを換装する形で完成。

とはいえ後にボディフォームが販売されたこともあって
多くのプライベーターたちを育てた、日本のバックヤードレーサーの
記念碑的存在といっても過言ではありません。

この辺りの経緯は、林さんの著作「童夢へ」(幻冬舎 刊)を読むと面白いです。


そしてこのブログでもお馴染み、エスロクレーサーさんの愛車コニリオ。
このクルマに関しては、折懸スピードショップ時代の
解良さんの秘話などもご紹介しましたね。

FRP製のボディはインダストリアル・デザイナー、濱素紀さんの手によるもの。
こうして比べてみると、マクランサとは違うアプローチのデザインなのが
良くわかります。今見ても、洗練されたデザインですよね。


(クリックでポップアップします)

続いてコンクールデレガンス出場車から。
こちらは“群5”というシングルナンバーを維持した
1969年式のホンダ1300 99S。

空冷至上主義の本田宗一郎の思想を色濃く反映した1台で
横置きされた空冷SOHC4気筒は、二重強制空冷式を採用。
99Sは京浜製4連キャブを装備した高性能版でありました。

今見ると、トライアンフ・ドロマイトなんかに似てる気もしますね。

(クリックでポップアップします)

こちらも“埼 56”と古いナンバーを維持した
1974年式のホンダ145クーペGL。
デビュー当初はクーペ7、クーペ9という名前でしたね。

クーペ145というのは、72年のマイチェンで
1.4SOHCに統一されてからのペットネーム。

(クリックでポップアップします)

あと1962年の東京モーターショーで衝撃のデビューを飾った
ホンダS360の姿も。この個体はレプリカなのですが、伝説のクルマが
こういう形で蘇るのも良いのではないかと。

ちなみに全国展示の行脚中に忽然と姿を消し、行方不明になった
S360が今でも日本のどこかに大切に保存されている……
という都市伝説を聞いたことがありますが
真相は果たして……。

ということで、ホンダ車絡みの紹介だけでブログの規定量いっぱいに
なったので、この続き(まだまだ良いネタがあるのだ)はまた後日。ニンニン。



2010.11.28 Sunday

愛しのRENE BONNET

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


ただいま。再び自宅に戻って参りました。
が、モロモロが片付かないのは相変わらず(放って出てったんだから当然)で
コッパ・ディ東京にも、トヨタの神宮にも、SHCCジムカーナにも行けず。
皆さんごめんなさい。みんな僕が悪いんです。

さてさて。一方で沢村慎太朗さんから久しぶりにお電話いただきました。
お楽しみいただけたみたいで嬉しい限り。
「あれ、ちょっとした特集できますよ!」だなんて……。
奇特な編集者の方、ご連絡お待ちしております(笑)。

そんな久々のモータープレスですが、前回お届けしたCDパナールとともに
……いや、それ以上に僕が欲してやまないクルマがこれ。


ルネ・ボネ・エアロジェット LM6です。
1963年のル・マンに出場するためにルネ・ボネが製作したミドシップカー。
エンジンはゴルディーニのOHVで、
2台の1108cc版と、1台の996cc版が製作されました。

これはJ=L.ベルトワーズとC.ボブロウスキーのドライブで総合6位
クラス優勝&性能指数賞を獲得した輝かしいヒストリーをもつ個体。

そんなヒストリーをさて置き、淡いブルーメタに塗られたボディと
その美しいロングテールを眺めているだけで幸せ……になりませんか?



このクルマ、確か2007年くらいにレストアされて売りに出された個体
そのものだと思います。僕の記憶が正しければ、
結構法外(?)な値段が付いていたような、いなかったような。

確か一緒にうっとり眺めていたパスカル御大も絶賛してましたねぇ。
これはこの年のル・マンの最大のトピックだって。



キューっとすぼまったテールの処理といい、こじんまりとしたホイールハウスといい
文句のつけようのないプロポーション。でもこれでユノディエールを全開で走れ!
って言われたら正直怖いだろうなぁ。

そういえばスパークから1/43でミニカーが出てましたね。
買っときゃよかった。


てなわけで、隠れCDファン、隠れルネ・ボネ・ファン、隠れマトラ・ファンとしては
グッドウッドの片隅にいたこんなクルマも当然気になってしまう訳で。

マトラ・ジェット欲しいなぁ。
フォードV4をミドに積んだ奇怪なM530であればより理想的なのだけれど。



2010.11.24 Wednesday

愛しのCD

 


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


ここんとこ、ちょっと缶詰気味で煮詰まってます。
よって脳内妄想は広がるばかり。


そんな頭の中をブルンブルン駆け巡っているのがこのクルマ。
CD3 LM 1964 です。
性能指数賞に命を燃やしていたフランスの虫たちの1台。
ルネ・ボネと袂を分かったシャルル・ドゥーチュ率いるCDが
送り出した1台(確か現役当時のル・マンはリタイアに終わったんじゃないかな?)。

ユノディエールでの高速安定性確保のために
うさぎの耳のように突き出たテールフィンが特徴的。
いやぁカッコイイ。
でも今改めて見ると、ルーフ周りのシルエットがヨタハチみたいな気もしませんか。



フルカバーのタイヤハウス、ロングテール、そしてフィン。
自動車と飛行機ってどことなく似ていて、
このCDも、小排気量ながら軽量と空力で不足分を補おうとした
フランスの軽戦闘機の精神に通じるものがありますね。
ドボワチーヌD520とか、モランソルニエMS406とか。
どっちかっていうと、コードロンC714みたいな感じだな、個人的には。

……意味不明ですいません。



まさに’60sといったコックピット。
フロントからダイレクトにリンケージが伸びるシフトレバーは
いかにもFWDのフランス車って感じでいい。
確かドミニク・パスカル御大も隣で
「このクルマはとても美しい!」って絶賛してたし。

ホンモノは買えないから
ミニカーとか発売されないかなぁ?


このシートはオリジナル……なのかなぁ?
ドア後ろについたナンバー灯が可愛らしくていいね。


エンジンはパナール製850cc空冷ツイン。
バタバタバタっていうより、ビーーーンって感じの音だった気が。

いずれにしろ、最高にカッコイイ。
コスティンの空力センスにも痺れるものがありますが
ドゥーチュのそれもまた良いんですよ。

ちなみに、このCDのプロジェクトのあと、
設計事務所SERAを設立したドゥーチュは
マトラMS640やポルシェ917LHを開発。
これが結果的には大成しないのだけれど、
独自の空力センスが思う存分発揮された作品で良いのですよ。

あ、またこの話はどこかで。


ところで、今日からちょっとお出かけしてきます。
(まだ仕事残ってるのに……)
もしかするとネット環境が悪いかもしれないので
ほぼ毎日更新してきたモータープレスは今週いっぱいお休みの予定。
すいませんねぇ。

というわけでまた来週。
ごきげんよう。アデュー!




2010.11.23 Tuesday

Conservatoire Le Patrimoine de Citroen-2

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


シトロエン・コンセルヴァトワール探訪も3回目。
今回は、クレイモデルに見るビッグ・シトロエンの変遷です。



これは年代不明。DSっぽいのですが、ドライバー部分がオ―プンになっている辺り
戦前のリムジンっぽいですね。あんまりDS関係の書籍でも見かけない
プロポーザルだと思うのですが。どうでしょう?



たぶんこれらはDS以降、CX前といったイメージのクレイたち。
フロントバンパーやライトで表情を作ろうとしているのが伺えます。



これはSMのイメージに近い4ドアサルーン。もしかしてCXがこんな形で出てくる可能性が
あったということでしょうか? もしくはSMの4ドア版とか。



個人的にはCXクーペと呼んであげたい作品。リアのコーダトロンカ風の処理が
時代ですねぇ。でもカッコイイと思うんだけどな。


これはほぼ最終段階のCXですね。どうも白とか、黒とか、シルバーのイメージが
強いですけど、オレンジメタみたいな派手な色も似合うんですね。模型だからかな?



これは……XMですね。なんかクレイのクオリティが少し落ちてる気がしなくもないですが
こうしてみると、一瞬エグザンティアにも見えませんか?



そしてC6。厳密にいうとモーターショーで展示されたコンセプトの
リニャージュのクレイですかね。なんか廃棄処分される寸前で救われたって感じの
ぼろぼろ加減が印象に残ってます。

C6、本国ではマイチェンでディーゼルオンリーになっちゃったから
必然的に日本への輸入は中止。市場在庫がなくなり次第終了。
あーーーーーもったいない!
ま、東京界隈や都市部近郊では見かけるクルマですが
全国規模じゃあ販売は大変かもしれないし。

でももしかしたら、シトロエン最後のビッグサルーンとも言われてますしね。
あーーーーーもったいない。







2010.11.22 Monday

Conservatoire Le Patrimoine de Citroen-1

 


Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


お待たせしました。
シトロエン・コンセルヴァトワール蔵出し写真集です。
およそ300台以上の市販車、コンセプトカー、レーシングカーを
収蔵しているコンセルヴァトワールですが、
それ以外にも、資料や写真、ポスターなどなど、シトロエンの歴史が
ぎっしりと詰め込まれています。

その中で個人的に気になったのが、過去のクレイモデルたち。
そのほとんどがボツになったものばかりですが、
今見ると、なかなかどーして魅力的なものばかりなのです。


たぶん2CVの上級車種を模索している頃の作品ではないでしょうか?
中央のモデルなんか随分曲線を使って雰囲気が変わってます。


ほぼアミ6といった中央のクレイ。そして手前はビジューっぽいですねぇ。


こちらもアミ前後に作られたモノだと思います。
左から2番目は1960年のプロト、C60に似てますね。
クリフカットにすべきか否か、悩んでる感じ。


これはGSみたいな雰囲気。4ドアなんですが、随分とコンパクトです。
ヘッドランプの処理に注目していてください。
右の茶色いクレイはマイクロカーというか、バブルカー的な1台。



↑ のクレイに色を塗ったもの。と思いきや、こっちのヘッドランプは
ポップアップ式なんじゃないかしら? 
Cピラーの処理はこうしてみるとSMあたりにも似てますね。
結構完成度高いので、割と良いセンまでいったんじゃないかなぁ?


で、ほぼ最終段階のGSのクレイモデル。
クレイって経年変化して崩れたりしないんですかね? 
このまま玄関に飾っておきたくなるようなクオリティです。


これはGSクーペなんでしょうか?
Cピラーあたりの処理が、日産チェリーを彷彿とさせます。
これ、世に出てたら、意外と人気が出たんじゃないかなぁ?
ハイドロ+ヴァンケルロータリーの組み合わせで。



大きいクレイは、ヴィザ辺りの年代でしょうか?
小さい方は、現在のミニバンというか、スモールカーにも通じる
ハイルーフのデザインですね。



商用車もあります。
これはディアーヌのフルゴネット。他のと違って木で出来ているんです。
キャビンルーフの上の処理は、空力を考えてのものでしょう。


こんなトラックやバスのモデルも。
トラックの方のノーズに書かれたダブルシェブロンの処理が洒落てます。


そして謎のクロカン車。
装備も充実して、居住性も良くなったメアリというイメージ。
色からして陸軍にプレゼンでもしたんですかねぇ?

と、詳細はわからないものの、見ているだけで
なんだか想像力が掻き立てられます。
クレイの写真はもう少しあるので、明日はその続きでも。




2010.10.23 Saturday

アシグルマ考察

 

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記。



そろそろ考えないといけないこと。
それは次期アシグルマの選定問題。
もちろんミニ太君は現役続行予定なのですが
これ1台ですべてこなすのはチト辛い。
荷物積めないし、遠くはキツイし、夏場は厳しいし。

そこで……
1:大人4人と荷物が積めて
2:時には大きめな荷物も積めて
3:税金はなるべく安く。2リッター以下。
4:壊れず信頼性が高くて
5:それでいて走る&止まる&曲がるがしっかりしたクルマ
6:奥さんも乗るのでオートマ&エアコン付。さらに大きいのはNG。
7:できれば50万円くらいで買えるもの。
8:メンテや部品の入手が容易。
9:旧すぎるのは嫌。

なーんてワガママな要素を満たすクルマなんてあるのかしら?
皆さん何か良いお知恵を。

個人的には1.2のフィアット・プントとか(CVT大丈夫か?)
大きめならスバル・トラヴィックとか(渋い!)。
悩ましいですなぁ。でも来年にはなんとかしないと。

2010.09.06 Monday

川崎エンスーツアー

 Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記

あれ?
なんか夕方になるとちょっと秋っぽくなってません?

ということで、昨日の夕方。
親子二人ちょっとヒマになったので
エランに乗り込み近所をお散歩する事に。


最初は都築のフェイズワンを目指したのだけれど
お休みだったので、近所のデルオートさんへ。
松平さんいるかなー? と思ったら、なんとお休みだとか。
そーゆー日だな、きっと。


で、子供と二人汗だくで店内を散策。
すると、しれーっとこんな’57年式の1900スーパー
なんて大物の姿も。(840万だったかな?)
相変わらず侮れないお店でんな。

’50年代のサルーンって、鉄板やメッキがトロンとした
独特の重厚感があっていいんだよなぁ。


そんでもって驚いたのが、この段付1300ジュニア。
なんと250万円! エンジンO/Hや板金までお願いできる
プランAでも380万円なんだそうな。
ひと昔まえじゃ考えられない話だな。

実はエランを買う前に、1750GTV
(しかもマスタードイエロー限定)を
探しまくっていた(でも出会えなかった)身としては、
結構ショック。250万円で段付き乗れるなんて
あり得なかったもんなー。

あん時1750買ってたら人生変わったかなぁ?


いやーやっぱ、たまには来てみないと
ダメだな……なんて思ってたら
ピコーンときちゃいましたよ。

前期型1600のディーラー車で
な、なんと250万円。程度もいい!



なんてったって外装ボルドーに、
内装ブラウンって組み合わせが素敵。
これならもう奥さんに文句言われなくて済むかも(これは妄想)。

なんか脳内相場より100〜150万円くらい安かったんですけど。
でもそういう時に限って個人経済は破綻寸前なんだよなー。

うーん。
涼しくなったら、ゆっくり来よ。


さて、こんな状況でもO/H後のエランの水温は
安定しております。たまに100℃近くまで上がっても
ファンが回ればこのとおり。すげぇ。

でも人間がもたねぇ。


2010.09.05 Sunday

スカッと爽やか

 
Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記


ジム・クラークは自分でエランをドライブして
ヨーロッパ内のGPには自走で駆けつけたそうですね。
一方の僕はと言えば、近所一周すらままならない日々。
今週の水曜はFSWまで走っていこうとは思っているのだけれど
(その顛末はまた後日)。

さて、さて
ロータスに限らず昔の自動車の広告って
なんかかっこ良くないですか? 僕は好き。
最近はこうしたコピーが入手しやすくなって嬉しいのだけれど
なかなか額装して飾るまではできないものですねぇ。

そんな昔の広告の中で白眉だと思ってるのが


このコカ・コーラの広告。
川崎シェブロンでおなじみポール・ドブソンさんの
英国の自宅ガレージに飾ってあったもの。
カラーコピーを額装したものなんだけど
なんかすっごく良くありません?

2010.08.26 Thursday

ミニミニ大作戦

Motor Press(モータープレス)
極個人的な自動車偏愛日記。


 

夕方少し涼しくなったので、
我が家のミニ太くんにオイルを足してあげた。
漏れてるんじゃなくて、燃えてんな。
こうして足してるうちに一回りして
オイル交換しなくていいんじゃね? と思うくらいの減り方。

ま、今の我が家にとっては、こんなことも娯楽のひとつ。



Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM